多聞寺の狸塚

多聞寺境内に入ると、狸の像があちこちに置かれていることに気付かされる。江戸時代より少し前、この地には妖怪狸がいて、村人に悪さをしていたとか。

多聞寺

2011年7月3日撮影。多聞寺境内の狸の像。かなり古いものらしく、全身に苔が生えている。一見、狐のようにも見えるが、腹回りの豊かさから狸ということが、なんとなくわかる。

多聞寺

2011年7月3日撮影。狸塚。由来がとても面白い。由来に登場する毒蛇はマムシのことだろうか?

由来が書かれた説明板の内容は以下のとおり。

狸塚のいわれ

むかし、江戸幕府が開かれる少し前、今の多聞寺のあたりは隅田川の河原の中で草木が生い茂るとても寂しいところでした。大きな池があり、そこにはひとたび見るだけで気を失い、何か月も寝込んでしまうという毒蛇がひそんでいました。また、「牛松」と呼ばれるおとなが五人でかかえるほどの松の大木がありました。この松の根元には大きな穴があり、妖怪狸がすみつき人々をたぶらかしていたのです。そこで、鑁海和尚と村人たちは、人も寄りつくことができないような恐ろしいこの場所に、お堂を建てて妖怪たちを追いはらうことにしました。まず、「牛松」を切り倒し、穴をふさぎ、池をうめてしまいました。するとどうでしょう、大地がとどろき、空から土が降ってきたり、いたずらはひどくなるばかりです。ある晩のことでした。和尚さんの夢の中に、天までとどくような大入道があらわれて、

「おい、ここはわしのものじゃ、さっさと出て行け、さもないと、村人を食ってしまうぞ。」 

と、おどかすのでした。和尚さんはびっくりして、一心にご本尊さまを拝みました。やがて、ご本尊毘沙門天のお使いが現れて妖怪狸に話しました。

「おまえの悪行は、いつかおまえをほろぼすことになるぞ。」

次の朝、二匹の狸がお堂の前で死んでいました。これを見つけた和尚さんと村人たちは、狸がかわいそうになりました。そして、切り倒してしまった松や、埋めてしまった池への供養のためにもと塚を築いたのでした。この塚はいつしか「狸塚」と呼ばれるようになりました。