多聞寺境内の六地蔵坐像

多聞寺境内には六体並んだ地蔵がある。隅田村における地蔵講の活動を知ることができる貴重な資料だそうだ。

多聞寺

2011年7月3日撮影。

墨田区設置の説明板の内容は以下のとおり。

<墨田区登録文化財>

六地蔵坐像

所在 墨田区墨田5丁目31番13号 多聞寺内

この六地蔵像は総高約150センチで、いずれも安山岩の四石からなっており、地面から一、二段目は方形の台石、三段目は蓮台、その上に、それぞれ60センチの丸彫り地蔵坐像がのっている。像容は向かって右から持物不明の坐像が2体、両手で幡を持つ半跏像、両手で宝蓋を持つ坐像、持物不明の半跏像、合掌している坐像の順に並んでいます。

欠損や修復の跡がみられますが、僧覚誉理慶(利慶)が願主となり、7年間にわたって隅田村内の地蔵講結衆の二世安楽を願って造立されたことが刻銘から読み取ることができます。

隅田村地蔵講中の数年間にわたる作業行為を知り得る、貴重な資料といえます。

六地蔵の製作年代は右から、正徳3年(1713)2月吉祥日、同4年8月吉祥日、同3年8月吉祥日、同2年2月吉祥日、享保元年(1716)9月吉祥日、同3年10月日と刻まれています。

平成4年3月

墨田区