鐘ヶ淵の由来

墨堤通りを歩いていると、鐘淵中学校の前に鐘ヶ淵の由来が記載された説明板が設置されていた。

隅田川のかたちが指矩の形に似ていたことに由来するらしい。その後、鐘にまつわる多くの伝説が生まれたとのこと。

鐘ヶ淵

2011年7月3日撮影。鐘淵中学校の前。

鐘ヶ淵

2011年7月3日撮影。説明板。内容は以下のとおり。

「鐘ヶ淵」の由来

江戸時代に、うぐいすの名所として知られた鐘ヶ淵は、隅田川のうち、現在の区立鐘淵中学校のある堤通2丁目地先をさす名称です。

その地名の起りは、隅田川がこの辺で直角に曲り、それが大工の使う指矩(さしがね)に似ているところから「かねが淵」と呼ばれるようになったことによります。

なお、ここは綾瀬川が合流することもあり、昔の舟人からは航路の難所として恐れられ、とくにその名が高くなった所です。

後世、この名称からさまざまな伝説が生まれ、たとえば台東区の石浜にあった普門院が亀戸村に移転する際その梵鐘(ぼんしょう)が川に落ち、今にいたるまで引き揚げられずに沈んでいるという話や、その寺を石浜の法源寺(現 保元寺)といい、あるいは橋場の長昌寺とも称し、またある将軍が家臣を水中に潜らせて、その鐘を見とどけさせたなどという話などが伝えられています。

やがて明治の世となり、この周辺の開発が進むと、ここに紡績工場が建てられて、社名を鐘ヶ淵紡績株式会社と称したことから後に鐘紡の名で知られるようになりましたが、昭和44年に鐘紡も閉鎖され、しだいに現今のような景観に変わってきました。

昭和58年3月

墨田区