浅草寺境内の諸碑・旧跡〜その4〜

女性の守り神とされる淡島明神を祀った淡島堂。

淡島堂

2011年8月7日撮影。

淡島堂 

2011年8月7日撮影。台東区教育委員会による説明は次のとおり。

淡島堂(あわしまどう)

台東区浅草2丁目3番 浅草寺

淡島堂は、元禄年間(1688〜1703)紀伊国(現在の和歌山県)の加太神社を勧請したものである。加太神社は、淡島と呼ぶ小島に鎮座し、淡島明神の俗称があるため、この堂も淡島堂と呼ばれている。祭神は少彦名命(すくなひこなのみこと)、堂内には両手で宝珠を持つ坐形の神像を安置する。

淡島明神は、江戸時代より女性の守り神として、信仰を集めた。現在も毎年2月8日、ここで針供養が行われ、女性の参詣人が群衆する。針供養は、日頃使いなれた針に感謝し、柔らかな豆腐にさし、供養する行事。かつては、この日に限り女性は針仕事をしない風習があった。

 平成8年3月

台東区教育委員会

AWASIMA-DO

Awasima-do was built in the late 17th century to worship a god called Sukunahikonona-mikoto who is enshrined at Kada shrine in Wakayama prefecture. This god is famous as a guardian of women. Especially during “needle memorials” when women express gratitude by bringing used sewing needles and sticking them into Tofu (bean curd), the shrine attracts a lot of people.

戦時中、この桶に本尊を納め戦火から守ったとのこと。

 天水桶

2011年8月7日撮影。浅草寺による説明は次のとおり。

天水桶

太平洋戦争が激しくなってきた、昭和18年(1943)11月18日、浅草寺僧侶らによって夜儀が執り行われ、この天水桶内にご本尊の観音さまをお厨子ごと奉安し、本堂の地中深くに納めたため、ご本尊さまは戦火を逃れたという。

戦後の昭和22年(1947)3月7日、ご本尊さまは再び地中より掘り上げられ、その無事が確認された。

明和7年(1770)造立。

金龍山 浅草寺

この灯籠は、造立年代は不明ながら、「胎内くぐりの灯籠」として江戸時代から有名だったとのこと。

 胎内くぐりの灯籠

2011年8月7日撮影。浅草寺による説明は次のとおり。

胎内くぐりの灯籠

この石灯籠は「胎内くぐりの灯籠」として江戸時代から有名であったもので、この灯籠の下をくぐることで、子供の虫封じや疱瘡のおまじないとなるとされている。

お子様をお連れでご参拝の折には、お子様にくぐらせてみてはいかがでしょうか。

造立年代は不明。

金龍山 浅草寺

一つだけに絞ってお願いするとかなうと言われる「一言不動尊」。享保10年(1725)の造立とのこと。

 一言不動尊

2011年8月7日撮影。

聖観音菩薩像。尾張国の孝山義道発願により、享保5年(1720)に建立されたと言われる銅像。

 聖観音菩薩像

2011年8月7日撮影。

江戸前期、承応3年(1654)に造立された阿弥陀如来像。この像については、文化10年(1813)編纂の『浅草寺志』にも記載されているとのこと。

 阿弥陀如来像

2011年8月7日撮影。

有名なかき氷店の前にある二尊仏。貞享4年(1687)の造立。

二尊仏 

2011年8月7日撮影。台東区教育委員会による説明は次のとおり。

二尊仏(浅草寺)

台東区浅草2丁目3番 浅草寺

「濡れ仏」の名で世に知られるこの二尊仏は、観音(右)、勢至(左)二菩薩の金銅坐像で、像の高さは共に2.36メートル、蓮台を含めれば4.54メートルにおよぶ。基壇の組石は、長さ約12メートル、幅6.21メートル、高さ1.5メートルとなっている。

連弁台座銘によれば、願主は上野国(群馬県)館林在大久保村の高瀬善兵衛。かつて奉公した日本橋伊勢町の米問屋成井家より受けた恩を謝し、観音像は、旧主善三郎の菩提を弔うため、勢至像はその子次郎助の繁栄を祈るため、貞享4年(1687)8月に造立した。

江戸時代初期の優秀な鋳造仏の一つで神田鍋町の太田久衛門正儀の作。

安永6年(1777)2月高瀬仙右衛門が施主、千住の高瀬奥右衛門が願主となり、修理したことが観音像銘に追刻されている。

 平成10年3月

台東区教育委員会

TWO BUDDHAS

The two statues are: Bodhisattva Avalokiteshvara on the right and Bodhisattva Seshi on the left. They are both 2.36m in height. In 1687, Takase Zenbee from Tatebayashi, ( present day Gunma prefecture ) made these statues to repay the debt of gratitude to the rice wholesaler family who helped him, the Avalokiteshivara for the father and the Seishi for the son.

二尊仏と背中合わせに奉安されている地蔵菩薩像と阿弥陀如来像。右側は寛文11年(1672)造立の阿弥陀如来像、中央は享保11年(1726)造立の地蔵菩薩像、左側は延宝5年(1677)造立の阿弥陀如来像。

 地蔵菩薩像と阿弥陀如来像

2011年8月7日撮影。

弁天堂の手前にも芭蕉の句碑がある。寛政8年(1796)に建立されたもの。

 芭蕉句碑

2011年8月7日撮影。浅草観光連盟による句碑の説明は次のとおり。

松尾芭蕉の句碑

くわんをんの

 いらか見やりつ

  花の雲  はせを

俳諧紀行文『奥の細道』などを著した松尾芭蕉は、寛永21年(1644)伊賀上野(現、三重県上野市)に生まれました。

芭蕉という俳号は、深川の小名木川ほとりの俳諧の道場『泊船堂』に、門人が芭蕉一枚を植えたことに由来します。独自の蕉風を開き『俳聖芭蕉』の異名をとった松尾芭蕉は、元禄7年(1694)10月12日、大坂の旅舎で51年の生涯を閉じました。

この句碑は寛政8年(1796)10月12日、芭蕉の103回忌に建立され、元は浅草寺本堂の北西、銭塚不動の近くにありましたが、戦後この地に移建されました。

八十三歳翁泰松堂の書に加えて、芭蕉のスケッチを得意とした、佐脇嵩雪が描いた芭蕉の座像が線刻してありますが、200年の風雪を経て、碑石も欠損し、碑面の判読も困難となっております。

奥山庭園にある『三匠句碑』(花の雲 鐘は上野か浅草か)と共に、奇しくも『花の雲』という季語が詠みこまれております。

 平成2年4月吉日

浅草観光連盟

浅草寺手前に丘になった場所がある。その上にあるのが弁天堂。関東三弁天の一つ。弁天堂手前の鐘は「時の鐘」として広く知られている。

時の鐘 

2011年8月7日撮影。時の鐘。

 弁天堂

2011年8月7日撮影。浅草寺による説明は次のとおり。

弁天堂

弁天山と呼ばれる小丘の上に立つこのお堂は、昭和58年に再建されたもの。

ご本尊は白髪のため「老女弁財天」といわれる。関東三弁天(神奈川県江ノ島・千葉県柏市布施と合わせ)の一つとされ、小田原北条氏の信仰が篤かった。

境内の鐘楼の鐘は、元禄5年(1692)5代将軍徳川綱吉公改鋳の江戸時代の「時の鐘」として、芭蕉の句『花の雲 鐘は上野か浅草か』で有名。現在は、毎朝6時に役僧が撞き鳴らし、大晦日には「除夜の鐘」が点打される。

弁財天さまのご縁日は、「巳の日」で、堂内にてお参りができる。

金龍山 浅草寺

Bentendo Hall

Bentendo Hall was reconstructed in 1983 on the small hill called “Benten-yama”. The principal image of this temple has white hair. Therefore we call it “Rounyo-Benzaiten”. (“Rounyo” means an old woman and “Benzaiten”, the goddess of music, art and wealth, is the name of the image.) This statue is one of the Three famous Benzaiten around the Kanto district. In the medieval period Hojo, a great daimyo in Odawara, had faith in this statue.

The bell in the belfry has been known as the hour bess casted in bronze by Tokugawa shogunate in 1692, and also famous for a haiku by Matsuo Basyo (1644-94). Nowadays, a priest of Senso-ji strikes at six oclock every morning.