墨堤常夜燈

隅田公園内、隅田川沿いを進むと古めかしい燈籠が現れる。現在は隅田公園内にある牛嶋神社が、この燈籠の付近にあった明治初期に建立されたものらしい。

牛嶋神社は移転したものの、この常夜燈は重要な目印としての役割があったため、この地に残ったとのこと。

墨堤常夜燈

2011年9月23日撮影。

墨堤常夜燈 

2011年9月23日撮影。基礎部分に刻まれた「本所総鎮守」の文字。

墨堤常夜燈

2011年9月23日撮影。墨田区教育委員会による説明は次のとおり。

<墨田区登録文化財>

墨堤常夜燈

所在地 墨田区向島5丁目1番 隅田公園内

この常夜燈は、総高465センチメートルにも及び、宝珠部分には牛嶋神社の社紋が彫刻されています。口伝によると牛嶋神社がまだこの付近にあった明治4年(1871)頃、土手から神社へ下る坂の入口に建立されたようです。氏子たちが奉納した壬亜の燈籠としての役割に加えて、隅田川を往来する川舟のための灯台を兼ねており、墨堤の燈明として航行の安全を守っていました。

常夜燈の基礎部分には「本所総鎮守」と刻まれているだけではなく、対岸も含めた29軒の料亭と50名を超える近隣の奉納者名が刻まれています。その中には、向島の料亭として有名だった植半、八百松、武蔵屋などが、また言問團子の創始者外山新七や長命寺の桜もちの経営者山本新六の名を見ることができます。

花見客はこの常夜燈を目印に足を運び、墨堤の桜を楽しみました。また、桜と常夜燈の組み合わせは、江戸・明治の風情を思い起こさせるものとして、多くの画家や写真家が題材とした向島を代表するシンボルでした。

牛嶋神社自体は、関東大震災を契機に昭和7年(1932)に隅田公園の南(向島2丁目5番17号)に移動しましたが、墨堤常夜燈はこの地に残されました。

 平成20年3月

墨田区教育委員会

隅田公園 散策解説板6

常夜燈と渡し舟

隅田川の水運と向島風情の象徴

Joyato and ferryboats – water transportation of Sumida River and the symbol of Mukojima taste

この常夜燈の置かれている場所は、かつて牛嶋神社の境内地でした。牛嶋神社は隅田公園の整備とともに現在地に移転しましたが、この常夜燈だけはここに残されました。それは墨堤における重要な目印であったためです。

この付近にはかつて「竹屋の渡し」が設けられ、春の花見や夏の花火見物、明治に入ってからは向島の花柳界へと遊興客を数多く運んできました。まだ照明が発達していないこの時代にはこの常夜燈の明かりが非常に重要な役割を果たしていました。また、明治の画家達は墨堤の桜とこの常夜燈を好んで組み合わせることにより、向島の風情を描きました。当時の向島の格好のシンボルとしてその姿を今に伝えています。

The place where put this “Joyato ( night-light )” was precincts of Ushijima shrine once. Although Ushijima shrine was relocated to its present location with construction of Sumida Park, only this “Joyato” was left behind here becouse it was an important mark in “Bokutei”.

“Takeya-no-watashi ( ferryboat )” was set up this neighborhood once, and many visitors were carried to sightseeing areas. They enjoyed cherry blossom viewing at spring, fireworks at summer, and Karyukai ( the world of geisha girls, women with refined manners ) in Mukojima in Meiji era for instance.

This “Joyato” was very important role then because lighting technologies had not developed yet. In Meiji era, many painters preferred to express the taste of Mukojima by painting the matching of cherry blossoms in “Bokutei” and this “Joyato”. It remains its figure as the suitable symbol of Mukojima in those days.

場所:http://g.co/maps/mx4jc

コメント

  1. kan-haru より:

    Donan.infoさん、TB をありがとうございます。

    「小さな旅 勝海舟 牛島で修行し赤坂・洗足池と移り、西郷と会見で江戸
    無血開城戦禍から救う その1」へのTB をありがとうございます。

    Donan.infoさんの、投稿記事を見せて頂きました。
    最近投稿の「墨堤植桜の碑」から「桜橋」までの墨堤のターゲットを絞っ
    て掲載の写真は素晴らしいですね。
    また、浅草寺境内の諸碑・旧跡などの投稿写真も見せて頂きました。

    25日には、お墓参りの帰りに寄り道して浅草から帰宅しました。
    大森の住民ですが、浅草、墨田は、大戦とかかわって懐かしい場所です。

  2. kiichi.murata より:

    >kan-haru様
    コメントありがとうございます。浅草、墨堤にはとてもアクセスしやすいため、もう少し散策してみようと思います!

  3. ..Bokutei cherry Festival Sumida Park.Mukojima 1- 2- and 5-chome Sumida-ku.