外桜田門

警視庁の向かいに位置する桜田門。正式には「外桜田門」。桜田門外の変は日本史上最も有名な事件の一つ。

外桜田門

2011年10月9日撮影。二重構造の外桜田門のうち「高麗門」。

外桜田門

2011年10月9日撮影。高麗門の内側から。

外桜田門

2011年10月9日撮影。渡櫓門。

門のそばに設置されている説明板の内容は次のとおり。

重要文化財(建造物)指定 昭和36年6月7日

旧江戸城 外桜田門

現在この門は桜田門と呼ばれますが、正式には外桜田門といい、本丸に近い内桜田門(桔梗門)に対してこの名が付けられました。古くこの辺りを桜田郷と呼んでいたことに由来します。

外側の高麗門と内側の渡櫓門の二重構造からなり、外枡形という防御性の高い城門で、西の丸防備のため異例の大きさで造られました(320坪)。建築されたのは寛永年間(1624〜44)とされ、現存する門は、寛文3年(1663)に再建された門がもとになっています。大正12年(1923)の関東大震災で破損し、復元されました。

万延元年(1860)3月3日、この門外で大老井伊直弼が水戸藩脱藩士に暗殺されました(桜田門外の変)。

Designated an Important Cultural Property (building) on June 7, 1691

Sotosakurada-mon Gate of Edo Castle

Currently called Sakurada-mon, this gate is officially named Sotosakurada-mon, soto meaning “outer” as opposed to the “Uchisakurada-mon or “inner” Gate (Kikyo Gate) near the citadel. These gates were named Sakurada-mon because the area was called Sakurada-go (town) in the past.

The Sotosakurada-mon Gate has a dual structure consisting of the Korai Gate on the outside and the Watariyagura Gate on the inside with a square in-between. It covers an exceptionally large area (approx. 1,056 m2) as a highly defensive castle gate for the Nishinomaru (west compound). The Sotosakurada-mon Gate was originally built in the Kanei era (1624 to 1644), while the existing gate is based on a gate reconstructed in 1663. The gate was damaged by the Great Kanto Earthquake in 1923 and repaired it.

On March 3, 1860, the Japanese Chief Minister Tairo li Naosuke was assassinated by a group of samurai who seceded the Mito-han feudal state outside of the Sotosakurada-mon Gate in an event known as the Sakuradamon Incident.