白鬚橋下

白鬚橋近辺は墨田区、江東区、荒川区が交差する珍しいスポットである。

向島側から橋を渡ったところに、対鷗荘と呼ばれた三条実美の別邸があったとのこと。

また、橋が架かるまでこの辺りで活躍した渡しは「白鬚の渡し」又は「隅田川の渡し」として、有名だったようだ。

白鬚橋下

2011年11月13日撮影。荒川区教育委員会の解説は以下のとおり。

対鷗荘(たいおうそう)跡

対鷗荘は白鬚橋西詰の地に明治6年(1873)、明治の元勲三条実美の別邸として建築された。

   いそがしき つとめのひまを

   ぬすみ来て 橋場の里の

   月をみるかな

三条実美が京都風の優雅さをこの地に求め、橋場の地を愛して詠んだ歌である。

橋場の地はその歴史も古く、明治初年にいたるまで、閑静な土地であった。この河岸から見渡す向島一帯は、うっそうとした樹木の前面に土手の桜並木が見えて、情緒豊かな風景を楽しむことができたのである。

荒川区教育委員会

これより東へ約20メートル

橋場の渡し

対岸の墨田区寺島とを結ぶ、約160メートルの渡しで、「白鬚の渡し」ともいわれていた。

『江戸名所図会』によると、古くは「隅田川の渡し」と呼ばれ、『伊勢物語』の在原業平が渡河した渡しであるとしている。しかし、渡しの位置は、幾度か移動したらしく、はっきりしていない。

大正3年(1914)に白鬚木橋が架けられるまで、多くの人々に利用された。

荒川区教育委員会