対鷗荘跡

白鬚橋を渡ってすぐ台東区側に建てられているのが対鷗荘跡の説明板。

その横には、病に倒れた三条実美のもとを明治天皇が訪れたことを顕彰する碑が建てられている。

対鷗荘跡

2011年11月13日撮影。対鷗荘跡の碑。

顕彰碑

2011年11月13日撮影。明治天皇が対鷗荘の実美を訪れたことを記念する碑。

台東区教育委員会の説明は以下のとおり。

対鷗荘跡(たいおうそうあと)

台東区橋場2丁目1番

隅田川畔の橋場一帯は、風光明媚な地であり、かつては著名人の屋敷が軒を連ねていたという。対鷗荘もその一つで、明治時代の政治家三条実美(1837〜91)の別邸であった。

「征韓論」をめぐって、政府内に対立が続いていた明治6年(1873)の10月、太政大臣の要職にあった実美は心労のあまり病に倒れ、この別邸で静養していたが、同年12月19日明治天皇は病床の実美を気使い、この邸を訪ねている。

隣の碑は、この事跡を顕彰して、のち対鷗荘の所有者となった一市民の尽力によって建立されたものである。高さ3メートル余。側面に「昭和六年歳次辛未五月建之石井久太郎」、裏面に「多摩聖蹟記念館顧問中島利一郎謹撰 上条修徳謹書」の碑文が刻まれている。

対鷗荘は、昭和3年(1928)、白鬚橋架橋工事に伴い、多摩聖蹟記念館(多摩市連光寺)に移築された。

平成7年3月

台東区教育委員会