日光東照宮

全国にある東照宮の本社、日光にある東照宮。 お寺ではなく神社。祀られる神様は徳川家康である。

東武日光駅から約1キロ、徒歩で20分程度だが、往路はずっと上り坂となっている。

以下、写真は2011年11月26日撮影。

日光東照宮

日光東照宮

杉寄進を記念する碑。説明は以下のとおり。

杉並木寄進碑(特別史跡)

松平正綱とその子正信の親子二代が、二十余年を費やして山内地区と東照宮へ通じる日光街道、御成街道、例幣使街道、会津西街道沿いの延べ37キロメートルにわたり、二十数万本の杉を植え、東照宮に寄進した。この碑はそのことを記念して、正信が慶安元年(1648)に建てたものである。同様の碑が他に3基、各街道の日光神領の境ごとに建てられ「境石」とも呼ばれる。

日光東照宮

日光東照宮

輪王寺は改装工事中だったため拝観せず。

重要文化財

黒門

日光山輪王寺の表門。通称、黒門。

皇族を門主と仰ぐ門跡寺の格式を示す門。

江戸時代のはじめ、家康公を日光にまつった天海大僧正が創建。やがて後水尾天皇皇子の守澄法親王宮が入山ののち、本坊の表御門となる。明治4年、本坊が焼失したとき、唯一焼け残った建物である。

日光東照宮

見事な五重塔。説明は以下のとおり。

 

五重塔

慶安3年(1650)若狭小浜藩主・酒井忠勝の奉納。高さ35m。吊られた心柱により高層建築の振動を調整する工夫がされている。(重要文化財)

Goju-no-to

Five-storied-pagoda 1650AD

(Important Cultural Property)

  

日光東照宮

あまりにも有名な「三猿」。「見ざる、言わざる、聞かざる」。起源には諸説あるようだ。

日光東照宮

東照宮がテレビ等で紹介される際、必ず映されるのがこの陽明門である。今回もこの門を見るために日光まで足を運んだ。

初めて実物を目にして意外と小さい印象。

しかしながら、細かな彫刻や像は想像以上に細かな仕事で大変感動させられた。

日光東照宮

細部まで非常に手が込んでいる。

日光東照宮

本殿側からの陽明門。

日光東照宮

 神橋。渡れない。

日光東照宮

もやさまで紹介されていたお店。

 

コメント

  1. yellowsubmaring より:

    私はブログを見て、東照宮に行ってきたものです。私が訪れた前日に積雪があったようで、凛とした雰囲気に包まれており、かなり趣きがありました。ただ、あまりの極寒ぶりに東照宮だけを見て即座に帰りました。寒さをしのぐため帰路にあった「もやさま」の店に立ち寄りました。テレビに度々紹介されている店とのことで、非常に混雑を心配しましたが、予想を覆してお客はゼロでした。店を後にするまでの間も訪れる客はおらず、テレビの効果に影響されないお店なのだと察しました。
    また、名産の湯葉を食べましたが、京都で食べられるよう湯葉とはまた違った物で、これはこれで有りだと思いました。美味しかったです。

  2. kiichi.murata より:

    日光を満喫されたご様子に、大変うれしく思います。私も機会があればもう一度行ってみたい場所です。