明治神宮

休日の明治神宮。とても年始の人混みに臨む勇気はないため、12月の今頃に訪れるのが丁度良い。意外にも人はかなり多く、また、七五三の子ども連れや結婚式も行われていた。

以下、写真は2011年12月4日撮影のもの。

明治神宮

大鳥居。大きさは日本一。昭和50年の完成。

明治神宮

明治神宮

本殿の前で行われていた結婚式の列。大変厳かで神々しい雰囲気。

明治神宮

明治神宮

明治神宮御苑。維持管理料として500円で入苑できる。

説明板の内容は以下のとおり。

明治神宮御苑

 明治天皇御製

  うつせみの代々木の里はしづかにて

   都のほかのここちこそすれ

この御苑は江戸時代の初めから大名加藤家、井伊家の下屋敷の庭園でありましたが、明治初年皇室のご料地となり、明治天皇の思召により所々模様替えがなされ、昭憲皇太后にはたびたび行啓になられた由緒深い名苑であります。

面積は約83,000平方米(2万5千坪余)で武蔵野特有の面影を残した苑内には、隔雲亭、御釣台、四阿南池、菖蒲田、清正井などがあり四季折々の眺めは誠に趣があり、殊に6月に咲き競う御祭神ご遺愛の花菖蒲の美しさは格別です。

明治神宮

御苑内南池。

明治神宮

御苑内。奥に見える建物は隔雲亭と呼ばれる茶室。説明は以下のとおり。

隔雲亭

元の隔雲亭は明治33年明治天皇の御思召により皇后様のために建てられましたが、戦災により焼失したので、昭和33年篤志の寄附と社殿御造営残材とにより一部増築して再建したものであります。

KAKUUN-TEI ( TEA HOUSE )

The former building of Kakuun-tei was built by the order of His Majesty the Emperor Meiji for Her Majesty the Empress Shoken in 1900. As the building was burnt down by the war damage, so in the autumn of 1958 the present building was reconstructed.

明治神宮

清正井(きよまさのいど)と呼ばれ、最近流行の「パワースポット」として有名らしい。沢山の人が列をなしていた。

名称のとおり加藤清正が掘ったという伝説であるが、真偽のほどは不明。しかしながら、都会のど真ん中にある湧き水として大変珍しいことは間違いない。