正福寺の板碑と首塚地蔵尊

墨田区墨田にある真言宗の寺、月光山正福寺。開基は、慶長7年(1602年)とされる。

境内にある板碑は、墨田区登録文化財である。

境内のそとには、「首塚地蔵尊」と呼ばれる堂がある。由緒を読むとなかなかインパクトの強いエピソード(諸説あるうちの一つだが)が書かれているが、首からの上の病に効くとされ参拝者は多いらしい。現に、私の前を歩いていた女性は、堂の前で立ち止まり参拝していた。

正福寺の板碑 

2012年1月21日撮影。正福寺境内の板碑。墨田区教育委員会による説明は以下のとおり。

<墨田区登録文化財>

正福寺の板碑

所在 墨田2丁目6番 正福寺内

板碑は青石塔婆とも呼ばれる塔婆の一種です。材質は緑泥片岩(青石)で、頭部・碑身・脚部に区分されます。頭部は三角形状にそぎ、碑身との境に二条線を刻み、碑身の正面には種字(仏や菩薩を表す梵字)・年号・銘等を薬研彫で刻みます。

板碑の起源は碑伝や五輪塔ともいわれますが、はっきりしません。中世の武士たちが供養のたえに建てたものが、のちに庶民にも広がっていったものです。正福寺には3基の板碑があります。(登録は2基)

宝治2年(1248)銘の板碑は、高さ116cm・幅46cm・厚さ10cmで区内では随一の大きさを持っています。在銘の板碑としては、都内最古です。阿弥陀一尊を種字で刻み「宝治二年戊申三月三日」の銘があり、量感のある点でも貴重です。

登録されているもう1基は碑身のみが現存し、三尊種字が刻まれています。これらの板碑は江戸時代に付近の御前栽畑から発掘され、のち当寺に移されたといわれます。なお、区内には約30基の板碑があります。

 成14年3月

墨田区教育委員会

首塚地蔵尊

2012年1月21日撮影。首塚地蔵尊。

正福寺による首塚地蔵尊の説明は以下のとおり。 

首塚地蔵尊

地蔵菩薩 ご縁日 毎月4日

ご真言 オン カカカ ビサンマエイ ソワカ

天保4年(1833年)洪水の危険をふせぐための隅田川橋場附近の川浚い工事の際に、川床より多くの頭骨が発掘された。

関係者は当山第16世住僧宥照和尚とはかり、ここに合葬、碑をたてて「首塚」といったと伝えられる。

この頭骨の由縁については諸説あるが、爾来、歴代住僧並びに信者により護持され、今日にいたる。

この縁で、首から上の病いに功験があるからと、参詣の香華がたえない。

このお堂は、真言宗中興の祖興教大師(覚鑁上人)850年御遠忌(平成4年12月12日)記念事業の一環として、平成2年8月壇信徒一同により再建、奉納されたものである。

月光山正福寺