馬喰横山

馬喰町。「馬喰」とは、かつて「伯楽」、「博労」と呼ばれた、牛馬で生計をたてていた人々を表す。現在は、衣料品卸問屋街として有名な地域である。なお、ほとんどの店舗は小売り対応しないため注意が必要だ。

馬喰横山

2012年2月18日撮影。馬喰町の問屋街。一見、普通の服屋さんに見えるものの、ほとんどの店に「小売りはいたしません」と書かれた紙が貼られている。

馬喰横山

2012年2月18日撮影。馬喰町横山町仲通り。

馬喰横山

2012年2月18日撮影。馬喰横山駅に置かれている馬の像。その横に駅名解説のプレートがあった。内容は以下のとおり。

「駅名由来」

馬喰横山駅

寛永図によると、橋本町(現在の日本橋本町)の辺りを横山片町と記してある馬喰町南北は、共に古く横山村の域内であり、その横山片町の北側はすべて寺院であった。馬喰町の博労師のことは、天正18年の日記に「たかぎと云う馬くろ、ゆいしょ申出る、馬場の地の絵図いたす」とあり、後世まで町名主の家とした馬喰を博労とも当時は書いたが本来は伯楽を本字とした。

伯楽とは、馬医とか、牧人、馬商等を総呼する言葉である。いずれにしても馬に関係する家業の人々が始めた町であった。

横山町は馬喰町の南側にあり、西側に本町、大伝馬町、東側に両国広小路になっていた。北条の役帳に「五貫三百文、江戸横山分」と記してあり、小さな村名と想われるが、初めは、横山何某の所有地であった。

このように由緒ある馬喰町、横山町の二つの地名を合せて馬喰横山駅となった。