青雲寺と馬琴の筆塚

花見の名所として大いに賑わったと言われる荒川区の青雲寺。境内には大量の筆を消費したとされる馬琴の筆塚もある。

青雲寺と馬琴の筆塚

青雲寺と馬琴の筆塚

いずれも、2012年2月19日撮影。

荒川区教育委員会による説明は以下のとおり。

滝沢馬琴の筆塚と花見寺(青雲寺)

青雲寺は臨済宗の寺院で浄居山と号する。宝暦年間(1751〜64)、堀田相模守正亮の中興と伝える。江戸時代の中頃より「日ぐらしの里」と呼ばれ、庶民に親しまれたきたこの地は、四季折々の花を楽しむ人々で賑わった。そのため、青雲寺は修性院・妙隆寺(修性院と合併)などとともに、花見寺ともいわれていた。

現在、谷中七福神のひとつ「恵美寿」が祀られている。境内には、滝沢馬琴の筆塚の碑(文化6年 1809)をはじめ、硯塚の碑(寛政10年 1798)、日暮里船繋松の碑、狂歌師安井甘露庵の碑など、江戸を代表する文人の碑が多く残っている。

荒川区教育委員会

滝沢馬琴筆塚の碑(青雲寺)

戯作者滝沢馬琴(1767〜1848)は精力的な著作活動のうちに多量の禿筆(使い古しの筆)を残した。これを供養するため、文化7年(1810)に築いたのが筆塚である。文化6年銘のこの碑には、建立の由来、馬琴の生い立ちを業績が記されている。題字の「瘞聿冢名」は、国学・漢学・考証学者で著名な狩谷棭斎筆。由来は儒学者亀田鵬斎が撰文し、自ら筆をとった。日暮里と文化人とのかかわりを知る上で貴重な碑である。