大黒天経王寺

谷中銀座を日暮里駅方向に進み、階段を上ったところにあるのが経王寺。幕末の動乱の痕を残している。

写真は2012年2月19日撮影。

大黒天経王寺 

荒川区教育委員会による説明は以下のとおり。

大黒天経王寺

経王寺は日蓮宗の寺院で山号を大黒山と称す。明暦元年(1655)、当地の豪農冠勝平(新堀村の名主冠権四郎家の祖)が要詮院日慶のために寺地を寄進し、堂宇を建立したことに始まるという。本堂の隣の大黒堂には日蓮上人の作と伝えられる大黒天が鎮守として祀られており、地域の人々の崇敬を広くあつめている。

慶応4年(1868)の上野戦争のたき敗走した彰義隊士をかくまったため、新政府軍の攻撃をうけることとなり、山門には今も銃弾の痕が残っている。

荒川区教育委員会

荒川区指定文化財 経王寺山門 付門

天保7年(1836)に、桶屋安五郎らが願主となり建立された。切妻造、桟瓦葺、総欅造の薬医門で、脇に瓦屋根付きの板掘と潜り戸を設け、西側には門番所が連結される。間口寸法(親柱間)10尺9寸、奥行寸法(親柱・控柱間)7尺6寸と、堂々とした規模をもち、脇に付設された門番所と併せて日暮里の寺町地区を象徴する「辻」の景観を形成する貴重な建造物である。また、慶応4年(1868)の上野戦争の際のものと伝えられる弾痕が残っており、地域の歩んだ歴史も刻まれている。