根津神社

相当な由緒がある根津神社。徳川将軍家とのつながりも深い。

2012年2月19日撮影。

 根津神社

根津神社

根津神社

根津神社

根津神社

文京区教育委員会による説明板の内容は次のとおり。

根津神社

国指定建造物

文京区根津1-28-9

日本武尊が千駄木の地に創建したと伝えられている。現在地は江戸時代、甲府宰相・松平綱重の山手屋敷跡であり、のちに六代将軍となる徳川家宣の誕生の地であった。五代将軍・徳川綱吉は家宣の産土神として宝永3年(1706)に千駄木にあった社をこの地に移して、社領500石を附し、権現造の社殿を造営した。

社殿は拝殿・本殿と両者を接続する弊殿(相の間)からなり、しかも一つの屋根でまとめ、権現造の完成された姿をみせている。拝殿前に唐門を配し、その左右から透塀で社殿を囲んでいる。唐門前方の楼門を含め、権現造神社建築様式の旧規を示すものとしてすべて国指定重要文化財である。

祭神は須佐之男命、大山咋命、誉田別命、大国主命、菅原道真公である。

境内には「家宣の胞衣塚」(区指定民族文化財)、「塞の大神碑」などがある。

—郷土愛をはぐくむ文化財—

文京区教育委員会

平成10年3月

コメント

  1. なおき より:

    根津神社のつつじが見ごろでしょうね。30余年前、近所の大学オンボロ寮に住んでいたので、下駄を鳴らしてしばしば行きました。FBの情報では入場料を取るようになったとか・・・。オーバーユース制限には有効かもしれませんが、なんだか世の中せちがらくなりましたね。大きな原因はデジカメと携帯による1億そうカメラマン化でしょうが・・・。

  2. kiichi.murata より:

    コメントありがとうございます。
    今年は、ちょうど今(5月6日まで)、つつじまつりが行われているようですね。入苑には200円必要だそうです。HPの写真を見ても、長蛇の列をなしているので、その対策も兼ねての入苑料徴収なんでしょうか?

    http://www.nedujinja.or.jp/tutuji/t.html

    すでに北海道に引っ越してしまいましたが、いつかもう一度訪問したい神社です。