天下の号外屋翁の墓

 山背泊墓地にある真っ赤な墓。信濃助治という人物の墓である。この人物、全身真っ赤な出で立ちで、自ら「天下の号外屋」を名乗り活動するなど、かなりの変わり者だったようだ。

天下の号外屋翁の墓

2012年6月16日訪問。函館市観光標識の内容は次のとおり。

天下の号外屋翁の墓

信濃助治は、明治27年(1894)年6月、衣類・コート・帽子・足袋のはてまで赤ずくめで来函した。

同年11月、日清戦争の頃、彼は北海新聞の号外を函館市民にまいて”天下の号外屋”と称して売り出し、「赤服」と呼ばれていた。

「赤心」(いつわりの無い心)は日本武道の精髄を表すとして、すべて赤色を用いたとのことである。

日清戦争終結後は、戦勝記念に名将軍を全国に訪ねて書を頼むなど、奇行の多い人だったので、当時の地元の新聞にも奇人として紹介されている。

函館市

THE GRAVE OF AN EXTRA EDITION NEWSPAPER DISTRIBUTOR

In June 1894 (Meiji 27) Shinano Sukeji came to Hakodate. He dressed in red from hat to “tabi” socks.

One day in November of the same year, during the Sino-Japanese War (1894-5) Sukeji distributed Hokkai Newspaper’s extra edition news to the citizen on the street and thus made a name for himself as “An extra edition newspaper distributor.” Eventually, he was called “Akafuku” , or “Mr. Red Clothes.”

The reason he dressed in red was because in Bushido, the spirit of samurai, the Chinese character “Sekishin.” or “red heart” represented “sincerity.”

After the Sino-Japanese War, old Sukeji made great effort to visit well-known generals and admirals in every corner of the country to ask for their writings and signatures in celebration of this victory.

He became well known for his eccentric habits, and the local newspaper introduced him as a man of unusual character.

CITY OF HAKODATE

地図:GoogleMap