元祖大沼だんご

明治38年創業「沼の家(ぬまのや)」の大沼だんご。

一口サイズのだんごのうえに、たっぷりとしょうゆ、あんこがのっている。また、しょうゆ+ごまのパターンもある。

折り詰めされた大沼だんごだが、実は大沼と小沼とを表現しているとのこと。奥が深い。

元祖大沼だんご

沼の家:北海道亀田郡七飯町大沼145

地図:GoogleMap