函館中華山荘

函館中華山荘は、ロシア人墓地を高龍寺方向にほんの数歩進み、左の小道に入った奥にある。なかなかわかりにくい場所だが、赤茶色のレンガ塀が目印。

 

この細い道を下って左折。

2012年6月24日訪問。函館市観光標識の内容は次のとおり。

函館中華山荘

函館には、幕末から中国人が住み始めており、大半は海産物の貿易に携わっていた。この墓地は、明治9年(1876年)に、青森県下に漂着した中国人の遺体を埋葬するために、開拓使から土地を借りたことに始まる。当初の面積は、184坪(607㎡)しかなかったが、大正8年(1919年)に隣接の土地を買収し、466坪(1,538㎡)となった。この時に、周りをレンガ塀で囲み、現在のような体裁となった。

墓地内には、総檜造り瓦屋根の祠堂や「中華義塚」と彫られた石碑、炉跡のほかに、知られているだけでも9基の石碑と4基の木碑がある。

この墓地は代々の華僑団体が管理を行っており、毎年、清明節(春分後15日目)と中元節(旧盆)には、祭祀が営まれ、紙銭を焚いて墓祭を行い、先人の冥福が祈られている。

函館市

The Chinese Graveyard

There have been Chinese people living in Hakodate since the end of the Edo period, most of them being engaged in trade of marine products.

This graveyard dates from 1876 when six Chinese rented the land from the local development office in order to lay the remains of those Chinese who drifted in from Aomori Prefecture. It was only 607 square meters in area at the beginning. Through the purchase of neighboring land in 1919, the graveyard was extended to 1,538 square meters and also enclosed by a brick wall, giving it its present appearance.

In the graveyard, there are several monuments including a tiled roof shrine made of Japanese cypress and a stone monument for those who had no one to grieve for them ( called Chinese Gicho ).

The graveyard has been managed by Chinese residents of the area for generations. Every year in April and August, they hold a ceremony, in which they burn paper money, to pray for the souls of their ancestors.

THE CITY OF HAKOOATE 


より大きな地図で Donan.info を表示