函館博物館

函館公園の裏の方に博物館への入口がある。普段私は函館公園正面側からアクセスしているが、たまにはこちらから入ってみるのも面白い。ちょうど現博物館建物の真横を通って正面にまわるような格好となる。

入口右手には、明治7年にこの場所で旧秋田藩士によって斬殺されたドイツ代弁領事ルードヴィッヒ・ハーバー遭難記念碑が建てられている。

2012年8月18日訪問。函館市設置観光標識の内容は次のとおり。

函館博物館のあゆみ

函館の博物館の歴史は、明治12(1879)年lこ開拓使函館支庁仮博物場として開場したのが始まりである。

これは、開拓使顧問であるアメリ力人ホーレス・ケプロンが北海道の開拓政策推進のために博物館・図書館の設立を提言したことによるものであった。公園内lこある旧函館博物館の建物は、現存する地方博物館として日本で最も古く、昭和38(1963)年lこ北海道有形文化財に指定されている。

現在の市立函館博物館は、昭和41(1966)年に総合博物館として開館し、創立時の資料も継承して現在に至っている。

函館市

HISTORY OF THE HAKODATE MUSEUM

Hakodate Museum was officially founded in 1879. Initially it was a provisional museum of the Hokkaido Development Agency’s Hakodate branch.

Capron Horase, an American development adviser stated that the construction of a museum and a library was neccessary in order to enhance the development policy of Hokkaido.

The original building still standing in Hakodate Park is one of the oldest local museums existing in Japan and it was designated as a Hokkaido tangible cultual asset in 1963.

The present Hakodate Museum, which began as a general museum in 1966, has exhibited many materials including historical ones inherited from the original museum’s collection.

CITY OF HAKODATE


より大きな地図で Donan.info を表示