ハーバー遭難記念碑

市立函館博物館への入口にある、明治7年にこの地で斬殺されたドイツ代弁領事ルードヴィッヒ・ハーバーを記念した碑。殺害は排外思想をもつ旧秋田藩士の手によるもの。代弁領事殺害という外交上の大問題に発展する可能性があったものの、ドイツ側の配慮により穏便に解決が図られることとなった。

2012年8月18日訪問。函館市観光標識の内容は次のとおり。

ハーバー遭難記念碑

ドイツの代弁領事ルードヴィッヒ・ハーバーは、明治7(1874)年2月に着任したが、同年8月11日、排外思想を抱き外国人殺害の目的で来函していた旧秋田藩士田崎秀親に、この碑の近くで斬殺された。

犯人は直後に自首、9月に処刑された。幸いドイツ公使館が、単独犯であることや適切な事後処理に理解を示したので重大な外交問題にならずにすんだ。

遺体は、事件の翌日、ブラキストンらにより外国人墓地に埋葬された。

この碑は、大正13(1924)年、甥のフリッツ・ハーバー(ノーベル賞受賞者)を迎えて没後50年祭を開催したときに、旧墓碑を遭難地に移し記念碑としたもので、外国人墓地には同型の新墓碑が建立されている。昭和19(1944)年には日本軍に持ち去られ一時行方不明になっていたが、昭和24年に土中より発見され、ここに建てられた。

函館市

MEMORIAL TO MR.HABER

Ludwig Haber, an acting consul of Germany, arrived at his post in February, 1874. On August 11, near this memorial, he was murdered by Tazaki Hidechika, Samurai of the former Akita clan who had been here for a chance to kill foreigners. He was an anti-foreigner.

Immediately after the murder, Tazaki gave himself up to the police and was executed in Septemer.

Since the murder was committed by a single person and the Japanese government executed the criminal at once, it was fortunate that the German Legation handled the incident in a very calm way and it did not have any serious diplomatic effects.

The day after he was murdered, Blakiston and other buried Haber’s body in the foreign cemetery.

On the 50th Anniversary of his death in 1924, his tombstone was moved from the cemetery to the place of the tragedy and has become his memorial. Haber’s nephew Fritz Haber ( a Nobel prize winner ) attended the unveiling ceremony. In the cemetery, a similar tombstone was erected to replace the original one.

In 1944, the memorial was removed by the Japanese army and had been missing, but it was found in the earth and was again erected here in 1949.

CITY OF HAKODATE


より大きな地図で Donan.info を表示