明治天皇上陸記念碑

公会堂から基坂を下っていくと、明治天皇上陸記念碑がある。青銅製の鳳凰が目印。

2012年10月8日訪問。

明治天皇上陸記念碑

明治天皇上陸記念碑

明治天皇上陸記念碑

明治天皇上陸記念碑

明治天皇上陸記念碑 

蝦夷開拓ハ 皇威隆替ノ関スル所

一日モ忽ニス可ラス汝直正深ク国家ノ重

ヲ荷ヒ身ヲ以テ之ニ任センコトヲ請フ其憂

国済民ノ至情朕嘉納ニ堪ヘス独恐ル

汝高年遂ニ殊方ニ赴クコトヲ然レトモ

朕之ヲ汝ニ委ス始テ北顧ノ憂ナカラン仍

テ督務ヲ命ス他日 皇威ヲ北彊ニ宣

ル汝方寸ノ間ニアルノミ汝直正懋哉

明治二年己巳六月四日

函館市の観光標識の内容は次のとおり。 

明治天皇上陸記念碑

赤御影石の地球儀の上に、青銅の鳳凰が羽を広げた碑は、明治天皇が明治9(1876)年、東北・北海道巡幸で来函の際、旧税関桟橋への上陸を記念したものである。同14年に再び来道の際、小樽から陸路函館へ巡幸し、ここから乗船して青森へ向かった。

明治9年の下船・乗船と同14年の乗船で、計3回となることから、三蹤碑とも呼ばれている。この碑は、函館出身の彫刻家梁川剛一の作で、昭和10(1935)年9月7日に除幕された。同16年に7月20日を「海の記念日」と定めたのは、明治天皇の明治9年の巡幸の際、7月18日に離函し、20日に横浜に帰着したことを記念したものである。平成8(1996)年から国民の祝日「海の日」となった。

函館市

MONUMENT OF EMPEROR MEIJI’S LANDING

This monument, a bronze Chinese phoenix spreading its wings on a red granite globe, commemorates Emperor Meiji’s visit to Hakodate in 1876 when he landed at the pier of Hakodate’s former customhouse, during his visit of the Tohoku and Hokkaido Areas. In 1881 when Emperor Meiji paid another visit to Hokkaido, he first landed in Otaru, made a tour of the island then left by ship from Hakodate to Aomori.

The monument has also been called “Sansyo-hi” meaning “three happy visits” referring to the three times Emperor Meiji visited this pier, i.e., disembarking and boarding the ship in 1876, and once again boarding the ship in 1881. The monument was engraved by Yanagawa Goichi, who was born in Hakodate, and was unveiled on September 7, 1935. On July 20, 1941 “Sea Memorial Day” was established in commemoration of Emperor Meiji’s cruise, leaving Hakodate on July 18 and arriving safely in Yokosuka on July 20. Since 1996, this day has been designated as a National Holiday, “Marine Day.”

CITY OF HAKODATE


より大きな地図で Donan.info を表示