半年に一回のクリーニング。LAMYサファリ万年筆。

毎日数行のメモ的日記用にしか使っていないLAMYサファリ。約半年に1回はぬるま湯にてクリーニングを行う。

いつまでも滲み出てくるインクの筋を眺めているのは、とても心地良い。終わったあとは、しっかりと乾燥させてから、再びインクを充填する。

使い捨てのボールペンやシャープペンにはないメンテナンスという作業。この手間自体が万年筆の楽しみのひとつ。

LAMYサファリ

『憧れの女の子』。たまたま写り込んだだけだが、とても気になる・・・。