南部氏の城、八戸城

 八戸市役所庁舎及び公会堂の裏手、三八城公園がかつての八戸城だったそうだ。本丸があった場所が三八城公園、城内の建物を壊し、その跡に建てられたのが三八城神社とのこと。

公園内に入ると気付くが、確かに城を築くにはもってこいの場所である。現在でも、この公園からぐるりと八戸市内を見渡すことができる。

南部氏、南部藩と言えば北海道や道南と非常に縁の深い一族。そのルーツがここにあるかと想像すると、とてもおもしろい場所である。

八戸城

八戸城

八戸城

八戸市教育委員会の説明板の内容は次のとおり。 

八戸城

八戸城は、馬渕・新井田両川の形成した沖積平野に突き出た洪積台地の先端部を利用して築城されている。

建武元年(1334)陸奥国司北畠顕家の国代南部師行が糠部郡八戸に根城を築いたが、その後間もないころに、その孫信助が築いた中館がこれであろうという。この一族は根城・中館および新田館に居住し、八戸地方を鎮めてきた。

戦国時代の末に、三戸の南部信直が豊臣秀吉から朱印を受け、南部内七郡を支配するようになった。その子利直は、寛永4年(1627)に根城南部氏を遠野に移して、八戸を直支配とし、みずから縄張りをして当域および城下町の作事・普請をしたと伝える。城下の西側には根城町の商家を移して三日町・十三日町・二十三日町を、また東側には新田町の商家を移して八日町・十八日町・二十八日町をつくり、現在の市街のもとを作ったという。

しかし、当城および城下町の本格的な整備は、盛岡城に移った重直が、寛文4年(1664)世継ぎを定めないまま没したため、幕府が新たに弟重信に盛岡八万石を、同じく弟南部直房に八戸二万石をあたえたことにより、八戸藩が誕生した後のことである。

その領地は三戸郡・九戸郡・志和郡のうち83ヶ村であり、この図は弘化4年(1847)ころのものである。

   八戸城絵図(南部家旧蔵)

昭和54年5月1日        八戸市教育委員会


より大きな地図で Donan.info を表示