青森の土産と言ったら「くじらもち」。主に自分への土産・・・。

青森と言ったら「くじらもち」である。青森に住んでいた子供の頃からご馳走(豪華なおやつ)だった。「くじら」を「久慈良」と書く、ということは大人になってから知ったのだが、その詳しい意味や由来は不明らしい。

こんにゃく、はたまた、ゲゲゲに登場するヌリカベのような見た目ながら、その味は甘すぎず、クルミの風味が効いていて大変美味。いくらでも食べたくなる。

子供の頃は、クルミの高カロリーを気にしてか、親から少量ずつしか与えられなかった。そのストレスを発散させるかのように、今でも一本丸ごと頬張る。

昔は「食べ過ぎると鼻血が出る」と叱られたが、今では「腹が出る」(正確には既に出ている・・・)と叱られそう。

くじらもち

くじらもち