茂辺地鮭卵ふ化場跡

北斗市茂辺地の奥。矢不来天満宮に登っていく途中にある茂辺地鮭卵ふ化場跡。

茂辺地地区では、年に一度、鮭まつりが行われており、鮭のつかみ取りイベントなど秋の寒い時期の開催にも関わらず多くの人を楽しませている。それも、茂辺地にふ化場があり、鮭のふ化事業に取り組んでいることに由来している。

ふ化事業以前、江戸中期から新潟や山形では鮭の産卵の保護が行われていたらしい。今に繋がるふ化法は明治初期に日本に持ち込まれた技術とのこと。北海道におけるふ化試験は明治10年に札幌で行われたものが最初。以降、北海道を始め全国各地でふ化放流事業が行われている。

さて、この茂辺地鮭卵ふ化場跡。「跡」という割には、最近まで使われていたかのような建物が残っており、史跡っぽい場所ではない。どちらかと言うと、やや「不気味」な場所かと・・・。

 

北斗市教育委員会による説明板の内容は次のとおり。

茂辺地鮭卵ふ化場跡

明治11年(1878年)に茂辺地川の鮭から採卵したものを七重勧業試験場で試験的に実施され、翌年稚魚がふ化しました。その翌年には北海道初の民間(酒井宮次郎等)による鮭卵ふ化社が設立されました。

当初は北海道開拓使の煉瓦石製造所跡の払い下げを受けふ化場として使用しました。明治20年以降は100万粒の採卵になり発眼卵は東北地方や利根川流域・島根・広島県にまで広がりました。

昭和22年(1947年)から本格的にふ化事業に取り組み、24年には建物を水源地下に人工ふ化場を開き、昭和50年頃にふ化施設建物と稚魚の養魚地を完成しました。水産庁の助成を受け、捕獲・採卵・ふ化の一切を漁業協同組合に委託、実施されていました。

現在は、北海道より直接業務委託を受けた財団法人渡島さけ・ます増殖事業協会が捕獲・採卵からふ化・放流までの事業を実施しています。

平成21年12月 北斗市教育委員会

○参考
独立行政法人水産総合研究センター北海道区水産研究所:「ふ化放流事業の歴史」(2013/03/21アクセス)


より大きな地図で Donan.info を表示