山上大神宮(やまのうえだいじんぐう)

幸坂の終点、旧ロシア領事館の少し先にある山上大神宮。由緒深い神社である。

振り返って見える景色も素晴らしい。

山上大神宮

山上大神宮

函館市観光標識の内容は次のとおり。

山上大神宮(やまのうえだいじんぐう)
 山上大神宮は、社伝によると今から600年ほど前の応安年間(室町初期)、藤坊という修験者がこの地に渡来し、亀田赤井川村神明山に草庵を結び、伊勢神宮の御霊をいただいたのが始まりと伝えられる。
 その後、明暦元(1655)年5月、尻澤辺村(現在の住吉町)に移し、箱館神明宮と称したとも伝えられる。天和2(1682)年現在の西消防署弥生出張所付近に移転し、明治7(1874)年社名をこの地の山之上町をとり山上大神宮と改称し、明治9(1876)年郷社となった。
 幕末の頃、当宮8代神職であった澤辺琢磨(旧名山本琢磨)は土佐藩士で坂本龍馬、武市半平太とは親類関係にあった。
 また、箱館戦争の時、榎本武揚率いる旧幕府軍に加わった桑名藩主松平定敬の御座所に使用されるなど、歴史的にも由緒ある神社である。
函館市