八戸三社大祭ミニ山車@函館駅

函館駅の中央ホールに八戸三社大祭の山車の縮小版が展示されていた。青森県ではねぶた祭と並び代表的な祭のひとつである。

開催日は7月31日から8月4日なので、今年の開催は終わっている。いつか祭の日に八戸を訪れて、その熱気を肌で感じてみたい。

道南の祭では江差町の姥神大神宮渡御祭が最も伝統ある祭だろう。江差町では、この祭をめがけて町を離れた人々が戻ってくるという話を聞いたことがある。町の柱のような存在を、祭が担っているということだろう。

祭には歴史とストーリーがある。そこが「イベント」とは根本的に異なる。

       

山車の前に設置された説明板の内容は次のとおり。

青森県八戸市 八戸三社大祭【日程】7月31日〜8月4日(7月31日前夜祭、8月4日後夜祭)
約290年の歴史と伝統を誇る夏祭りで、国の重要無形民俗文化財に指定されています。三神社の神輿行列と、豪華絢爛な27台の山車が中心街を運行し、見物客を魅了します。最大で高さ10mにもなる山車には数々の仕掛けが施されており、山車が通る度に沿道は歓声に包まれます。太鼓の連打と絶え間ない笛の音色、さらには子供たちの元気いっぱいのかけ声が独特の情緒を醸し出します。

八戸三社大祭 ミニ山車 1/5縮尺で作成しました。(実物の山車:高さ10m×幅8m×奥行11m)
実物の山車の体積はこの模型の約125倍にもなります。 テーマ:「西遊記」 ありがたい経典を頂くために、天竺へ旅に出かけた三蔵法師、孫悟空、猪八戒、沙悟浄。そこに妖怪女郎蜘蛛姉妹と龍魔女王が襲い掛かる戦いの場、それを天界の神々が見守っている場面です。