北斗市本町の光明寺

北斗市本町の光明寺(こうみょうじ)は、明和4年(1767年)に建立された光明庵に由来する寺院であり、函館市船見町の高龍寺を本寺とする。

墓地には箱館戦争時の新政府軍であった備後福山藩、越前大野藩、松前藩戦死者の墓のほか、旧幕府軍の永井蠖伸斎、網代清四郎の墓もある。永井蠖伸斎、網代清四郎両名とも明治2年(1869年)4月29日に、永井は矢不来の戦いにて、網代は有川において戦死している。

『北海道寺院沿革誌』(明治27年 星野和太郎編)には光明庵「明和四年八月」建立として記載がある。ただし、開基については「唱道和尚 高龍寺三世住職」と記載されており、年代からしても正しくは高龍寺七世住職の整天喝道であると考えられる。(ちなみに高龍寺三世住職は欝山東積。)


『七世整天喝道頂相』(高龍寺所蔵)

興味深いのは、高龍寺がこの光明庵造営の前、1731年に茂辺地村の宝樹庵(現在の曹渓寺)、1736年に上磯村の観音庵(現在の広徳寺)、1745年に市之渡村の大悲庵(現在の円通寺)を造営している点である。いずれも現在の北斗市内にあるということも面白いが、これらの時期が東蝦夷地直轄化(1799年)前夜にあたり、急速に箱館近隣の下海岸や噴火湾一帯が和人地化されていった時期でもある。こうした和人地化に合わせて各宗派寺院が教線拡大を図ることは自明であり、光明庵等の造営についても高龍寺によるそうした活動のひとつと見ることができる。

光明寺境内に設置されている説明板の内容は次のとおりである。(原文のまま)

光明寺(こうみょうじ)
光明寺は本寺函館市高竜寺7世整天喝道大和尚が明和4年(1767年)一字を建立し光明庵と称したが天保13年(1842年)破損せるを以って再建す明治23年(1890年)寺号公称して、慧日山光明寺となった。明治28年8月より3年がかりで改築し現在に至る。
曹洞宗。本尊は釈迦牟尼物。境内にある地蔵菩薩は天保14年(1843年)檀信徒有志によって寄進された。飛地境内地として観音山がある。文化年間(1804年〜1808年)大野・市渡・文月の三村に馬牧場があったが、クマの被害が多く住民は困り切っていた。
これを聞いた光明庵(後の光明寺)の仏母扶宗和尚が馬頭観世音菩薩と33体の観音像をまつり、観音堂を建立し住民の不安を除き、旦村民風雨の際の避難所となした。墓地には、箱館戦争榎本軍永井蠖伸斎、網代清四郎両人の墓。箱館戦争官軍、松前、安芸福山、越前大野三藩戦死者の墓。土佐藩北海道開拓団杉本安居の墓。大野初代村長神谷小太郎の墓。医師宍戸精庵家族の墓。内、宍戸泰庵の墓は仙台例藩主伊達邦成の書
例江戸の漢学者向坂吉兵衛の墓がある。

■光明寺 〒041-1201 北斗市本町290

■参考
『高龍寺史』 平成15年 高龍寺史編纂室編
『大野町史』 昭和45年 亀田郡大野町刊
『北海道寺院沿革誌』 明治27年 星野和太郎編 ※国立国会図書館近代デジタルライブラリー