飽きない素朴な味の「みそぱん」(北斗市茂辺地の菓匠一福)

茂辺地にある老舗和菓子店「菓匠一福」は、明治38年の創業であり、営業している店としては函館周辺で最も古い和菓子店である。同店に次いで古いのが同じく北斗市にある金丸菓子舗(本町)であり、いずれも、素材と製法に妥協がない昔ながらの味を今に伝えている。

さて、茂辺地の一福と言えば「みそぱん」が有名である。「ぱん」とは言うが、手にしてみると非常に硬く、噛みきるにもかなりの力が必要となる。この噛み応えが堪らない。そして、味噌の甘さが、なんとも素朴で飽きのこない味。熱い茶が欲しくなってしまう。

ついついて食べ過ぎてしまう「みそぱん」だが、腹に入ると急激に膨らむ(ような気がする)。昔ながらのなつかしい味をぜひとも茂辺地にて味わっていただきたい。

 

■菓匠一福
所在地:北斗市茂辺地2丁目5-54
電話:0138-75-2035