セメント工場で活躍した電気機関車

北斗市総合体育館正面玄関の向かい側、グラウンド前に復元された電気機関車が展示されている。大正12年製で、国産の電気機関車としては最古級のものらしい。

北斗市による説明板の内容は次のとおり。

 

●この機関車は、大正12年(1923年)、横浜市保土ヶ谷の東洋電気製造株式会社旧横浜工場でうぶ声をあげました。国産の電気機関車としては、最古の部類に属します。誕生以来65年間町の基幹産業として発展してきた旧日本セメント(株)上磯工場で、セメントの原料となる石灰石や粘土の輸送に活躍しました。自重16トンの、この機関車には、45キロワットの主電動機が2台装架され、路面電車と同じ直接制御器で運転されます。鉱山で石灰石を貨車に満載し、工場へ向けて急勾配を下るため、前後の車輪の間に電磁吸着ブレーキを装備しているのが特徴です。のちに集電装置をポールからパンタグラフに変更するなど、若干の改造が施されました。ボンネットの鐘をならしながら、当地の山野で働き続けた日々は、決して平坦なものではありませんでした。しかし、町民の皆さんにあたたかく見守られ、現役で還暦を迎えることができたこの機関車は、どんな華やかな機関車よりも幸せであったに違いありません。昭和63年(1988年)旧日本セメント(株)のご厚意により、先人の英知と努力の結晶であるこの機関車を新製当時の姿に復元しこの地に永久保存することにいたしました。
昭和63年11月10日
北斗市

主要諸元
自重 / 16t
最大長 / 6100mm
最大幅 / 2150mm
最大高(ポール降下時)/3400mm
軌間 / 1067mm
電気方式直流 / 600V
1時間定格出力 / 90kw(45kw×2)
1時間定格引張力 / 1765kg
1時間定格速度 / 19.3km/h
主電動機形式 / TDK31-C
動力伝達方式 / ツリカケ式
歯車比 / 14:70-1:5
制御方式 / 直列抵抗制御
制御装置 / DBI形直接制御器
ブレーキ装置 / 電磁吸着ブレーキ、手ブレーキ
製造所 / 東洋電気・汽車会社
製造年 / 大正12年(1923年)