立待岬(2008年)

立待岬の碑

2008年7月12日撮影。立待岬の碑。

函館山の下を進み、谷地頭を抜け、お墓を通り過ぎると立待岬。


立待岬の眺め1

2008年7月12日撮影。


立待岬の眺め2

2008年7月12日撮影。


函館市設置の観光標識の内容は以下のとおり。


この地名は、アイヌ語のヨコウシ(待ち伏せするところ、すなわち、ここで魚を獲ろうと立って待つ)に困むという。18世紀末に幕府が蝦夷地を直轄すると、警備のため、ここに台場が築かれたことがあった。また、第二次世界大戦中は、要塞地帯法により市民は立ち入りを禁じられていた。現在は、津軽海峡を望む景勝地として、多くの観光客が訪れている。近くには石川啄木一族の基や与謝野寛、晶子の歌碑もある。   函館市

”CAPE TACHIMACHI ( YOKO-USHI ORIGlNAL AlNU PLACE NAME)”

TACHIMACHI is derived from the Ainu name for this cape YOKOUSHI. YOKOUSHI means the place where people stand and wait to catch fish. The present Japanese name is thus a translation of the Ainu words、 YOKO (to stand and wait for prey to come) and USHI (place)、 thus、 the Japanese Tachi Machi.
At the end of the 18th century when Ezochi (Hokkaido) became a place under the direct control of the Tokugawa Shogunate、 the shogunate built a fort in this area. During World War II、 citizens were prohibited to enter this mountain area because of the Fortified Zone Law. Currently、 many tourists visit here as a scenic spot to command a great view of the Tsugaru Straits. The poem monument of Yosano Hiroshi & Akiko and the tomb of the Ishikawa Takuboku family can be found very near here.CITY OF HAKODATE


コメント