.emacs.d をGoogle ドライブに移動

MacとWindowsとでinit.elを別々にもっていたくないので、Googleドライブに置いて共有することにしました。

(Mac)不可視フォルダの表示

通常 .emacs.d は、Finder上で非表示のため、まずはこれを表示。
ターミナルから以下を実行。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true

なお、不可視ファイルの表示・非表示を切り替えられるFunterというツールもあるみたいです(使ったことはないのですが。)。

Funter (2017-02-18(Sat) 21:34:05 アクセス)

(Mac)シンボリックリンク

~/.emacs.d をGoogleドライブにシンボリックリンク。
Goodleドライブに .emacs.d を作成し、またターミナルから以下を実行。

ln -s /Users/*****/Google ドライブ/.emacs.d ~/

.emacs.d直下のinit.elには、以下のみを記載。

;; Macだったらmac_init.elを読みに行く
(when (equal system-type 'darwin)
    (load-file "~/.emacs.d/mac_init.el"))

;; Windowsだったらwin_init.elを読みに行く
(when (equal system-type 'windows-nt)
    (load-file "~/.emacs.d/win_init.el"))

.emacs.d直下にMac用の設定を書いたmac_init.elとWindows用の設定を書いたwin_init.elを置いて終了。

(Windows)シンボリックリンク

Windows10でのシンボリックリンクの設定。シンボリックリンクが張れるのは、Windows Vista以降らしいです。

コマンドプロンプトにて以下を実行。

mklink /d "C:/Users/******/AppData/Roaming/.emacs.d" "C:/Users/******/Google ドライブ/.emacs.d"

なお、コマンドプロンプトは管理者権限で実行しないとエラーが出ます。