ルイス・フロイス著(1991)『ヨーロッパ文化と日本文化』岩波文庫

原題は、『日欧文化比較』。イエズス会の宣教師ルイス・フロイスが、天正13(1585)年に加津佐でまとめたもの。安土・桃山時代の日本の生活や文化を知るための貴重な史料となっています。

特に印象的だった点をいくつか。

ヨーロッパでは嬰児が生まれてから殺されるということは滅多に、というよりほとんど全くない。日本の女性は、育てていくことができないと思うと、みんな喉の上に足をのせて殺してしまう。(p.51)

衝撃。命の重さすら絶対的ではなく相対的なものなのか。堕胎についても「日本ではきわめて普通」との記載あり。

われわれの子供は大抵公開の演劇や演技の中でははにかむ。日本の子供は恥ずかしがらず、のびのびしていて、愛嬌がある。そして演ずるところは実に堂々としている。(p.66)

今だと逆の評価では? 日本人の子供は恥ずかしがり屋でもじもじ、一方、欧米の子供は実に堂々と自己主張する、といった風に。(注に、「武士の子弟の演ずる舞や能などを指すものと思われる」とあり。)

われわれの間では酒を飲んで前後不覚に陥ることは大きな恥辱であり、不名誉である。日本ではそれを誇りとして語り、「殿 Tono はいかがなされた。」と尋ねると、「酔払ったのだ。」と答える。(p.101)

その他、当時、ヨーロッパの風習と比較してフロイスが異様に感じた日本の文化ですが、今の日本と比べてみて異様に感じることや、昔から変わらないこと等に気付かされます。

目次

  • 解題
  • 第1章 男性の風貌と衣服に関すること
  • 第2章 女性とその風貌、風習について
  • 第3章 児童およびその風俗について
  • 第4章 坊主ならびにその風習に関すること
  • 第5章 寺院、聖像およびその宗教の信仰に関すること
  • 第6章 日本人の食事と飲酒の仕方
  • 第7章 日本人の攻撃用および防禦武器について―付戦争
  • 第8章 馬に関すること
  • 第9章 病気、医者および薬について
  • 第10章 日本人の書法、その書物、紙、インクおよび手紙について
  • 第11章 家屋、建築、庭園および果実について
  • 第12章 船とその慣習、道具について
  • 第13章 日本の劇、喜劇、舞踊、歌および楽器について
  • 第14章 前記の章でよくまとめられなかった異風で、特殊な事どもについて
  • あとがき
  • 岩波文庫あとがき(高瀬弘一郎)