日本最古の観覧車@函館公園「こどものくに」

函館公園「こどものくに」の観覧車は、現役で稼働している日本最古の観覧車として有名です。一度だけ学生時代に乗ったことがあるのですが、「最古」という言葉が醸し出すものに若干の恐怖感を覚えたことが思い出されます。先日久々に見ましたが、以前よりもきれいになっており、いつかもう一度機会があれば乗ってみたい、そんな気がした次第です。

その他の遊具も歴史あるものばかりで、飛行塔も私が生まれるずっと前から現役だとか。また、平成18年には公園全体が文化財に登録され、日本で唯一の文化財登録された遊園地になっているとのことです。

日本最古の観覧車

日本最古の観覧車

日本最古の観覧車

函館公園「こどものくに」に設置してある観覧車が、日本国内で稼働する現役の観覧車としては最古であると言われています。
この観覧車は1950年(昭和25年)に七飯村(当時)の大沼湖畔東大島に設置され、当時は「空中観覧車」と呼ばれ、1965年(昭和40年)に現在地に移設されました。

【観覧車諸元】
直径:10m
高さ:12m
ベンチ形状:長いす式
ベンチ台数:2人乗りベンチ8台
製造業者:不明
(アメリカ製の移動式観覧車に同タイプのものがある)

函館公園「こどものくに」
1954年(昭和29)7月に北洋漁業再開を記念し、同公園と五稜郭公園で開かれた北洋博覧会で使用された遊具を活用して1956年(昭和31)5月に現在地で開園しました。園内のメリーゴーランドや飛行塔は当時から稼働しています。

【函館公園】
1879年(明治12)11月3日に開園した歴史ある公園で、園内には、遊園地「こどものくに」、シカ、熊などがいる動物園、道指定文化財「市立函館博物館」等もあり、5月には桜の名所にもなっています。
2006年(平成18年)には公園全体が遊戯機械を含み、国指定文化財、登録記念物として登録されました。遊園地で文化財はここだけです。

「こどものくに」にある乗り物は、毎日の点検と、月一回の定期整備、繁忙期前のチェック、国指定検査を年一回必ずパスして、今も現役で活躍しています。
何度も足を運びたくなる、レトロな遊園地。観覧車はもちろん大人も乗車できます。