「普段は無害な菌で腸炎に=過剰な抗生物質で-慶大・早大」(JIJI.COM)

抗生物質の過剰な服用で腸内の細菌群が乱れると、口や腸などに生息する普段は無害な細菌「肺炎桿菌(かんきん)」により、慢性腸炎が起きる可能性があることが分かった。(中略) 肺炎桿菌を標的とする抗生物質を開発できれば、潰瘍性大腸炎やクローン病などの慢性腸炎の新薬になるとの見方を示した。

これまた今後の研究の進展に期待がもてる記事です。