東京会議北海道〜講師オルタナの森摂さん〜

更新が遅れましたが、今月の東京会議北海道(平成22年9月27日開催)は、講師に環境とCSRと「志」のビジネス雑誌オルタナ編集長の森摂(もりせつ)さんをお迎えして開催されました。

「オルタナ」とは「オルタナティブ」、「今までとは違う、第3の」といった意味です。
これからの時代のビジネスにおける、「地球環境への配慮」、「地域共生」、「社員に優しい〜」等々新しい
「モノサシ」を探るというテーマの雑誌です。とくにCSRの専門誌としてはオルタナをおいて他にないとのこと。

森さんから紹介された、「経営と環境は同軸」、「変化に対応できる者のみが生き残る」、等々著名人の名言。今後のビジネスの向かうべき方向性を明示しています。

「消費者が変われば企業が変わる」。
消費者の側も、単に安いものを追求するのではなく、環境配慮型企業の商品やCSRに取り組む企業等の商品を選択肢の優先事項にする、そうした意識の変化は企業の変化に直結するものと思います。
Patagoniaの事例など、素晴らしい取り組みをしている企業がたくさんあるようですが、私たちがそれを知るすべは限定的です。オルタナは、国内外のそうした情報を発信しています。

輸入の魚、肉、農産物もいいですが、なるべく地元のものを優先する、次には国内を優先する、といったことを一人一人が実践するだけで日本もかなり変わるのではないか、と考えたりもします。
森さんのお話をうかがって、その優先順位付けに、環境、CSR等を組み入れよう、と考えることができました。株式を買わなくてもできる企業や地域の応援の方法なのではないでしょうか。

・オルタナ

・松原美里さんのブログでも詳しく報告されています。

サッポロ クリーミーホワイト

会議終了後はいつもの懇親会。不真面目な私はこちらの方が楽しみ・・・。

今回はサッポロビール様より、新製品クリーミーホワイトが提供された。泡まで美味い!