カトリック元町教会

現在の聖堂は大正13年のものらしい。

カトリック元町教会

2008年9月14日撮影。

カトリック元町教会

2008年9月14日撮影。

函館市設置の観光標識の内容は次のとおり。

カトリック元町教会
元町教会は、安政6年(1859年)フランスの宣教師メルメ・ドゥ・カション(パリー外国宣教会司祭)が仮聖堂を建てたのに始まるもので、徳川幕府によるキリシタン追放令以降の日本におけるキリスト教宣教再開の先駆として横浜の山手、長崎の大浦と共に最も古い歴史をもつ教会である。
明治元年(1868年)同宣教会司祭ムニクー、アンブルステル両氏が現地に仮聖堂を建て、その後、明治10年(1877年)同宣教会司祭マラン氏により最初の聖堂が建立された。
以降、3回の大火で類焼したのち、大正13年(1924年)現在の大聖堂が完成した。この大聖堂は、ゴシックスタイルの耐火建築であるが、中央祭壇、左右両壁一四畳の十字架道行の聖像は、イタリーのチロル地方の木彫で、時のローマ教皇ベネディクト十五世から贈られた由緒あるものである。 函館市
ROMAN CATHOLIC CHURCH
In 1859 the first temporary Catholic Chapel was founded by French Missionary Mermet De Cachon. Priest of Paris foreign missions society. It was the begining of such work in Japan after the deportation order of Christians by the Tokugawa Government. This church is as historical as The Yamate Church and The Oura Church in Ngasaki. In 1868 Priest Mounicou and Priest Ambruster built at emporary church at the present site, and in 1877 the first wooden church was built by Priest Marin. However, was destroyed by fires three times. The Present church was built in 1924. This church, in a gothic architectural style, is fire proof. But the Alter and the fourteen sculpture Stations of the Cross showing scenes on each, along the walls on both sides, are tilolean wood carvings. They are of historical value because they were presented by Pope Benedict XV .