亀井勝一郎生誕の地

文芸評論家として活躍した亀井勝一郎。彼の生誕の地を示す碑。カトリック元町教会の向かいにある。

亀井勝一郎生誕の地

2008年9月14日撮影。

函館市設置の観光標識の内容は次のとおり。

亀井勝一郎生誕の地
亀井勝一郎は、明治40年(1907年)2月6日、ここ元町で喜一郎の長男として生まれ、弥生小学校、函館中学校、山形高等学校、東京帝国大学文学部に学び、のちに文芸評論家、思想家として活躍した。
昭和12年「人間教育」、同18年「大和古寺風物詩」等不朽の名著を残し、昭和40年日本芸術院会員に推挙された。
晩年の大作「日本精神史研究」は亀井文学の集大成として高く評価されたが、昭和41年11月14日病により永眠し、未完に終わったのが惜しまれる。
勝一郎は終生函館弁を使い、函館のサケのすしやイカの刺身を好んだという。
なお、青柳町函館公園付近には、勝一郎真筆による寸言「人生邂逅し開眼し瞑目す」と刻まれた文学碑がある。 函館市
 
BIRTHPLACE OF KATSUICHIRO KAMEI
Katsuichiro Kamei was born in Motomachi on February 6th, 1907. He graduated from Tokyo Imperial University. Later he played an active role as a literary critic and thinker. Among the great works he left were Human education in 1937 and Essays on things in seasons at old temples in Yamato in 1943. In 1965 he was elected as a member of the Japan Art Academy. His greatest work Historical researches on the Japanese spirits is regarded as the culmination. Unfortunately on November 14, 1966 he died of an illness before completion of it. His aphorism Life has chances to encounter, and open ones eyes, then close them again is inscribed on the literary monument near Hakodate park in Aoyagi-cho. CITY OF HAKODATE