旧函館区公会堂

基坂の上に見える象徴的な建物。函館、元町地区のシンボル。国の重要文化財。

旧函館区公会堂

2008年9月14日撮影。

旧函館区公会堂

2008年9月14日撮影。

函館市設置の観光標識の内容は次のとおり。

旧函館区公会堂
明治40年(1907年)8月の大火は函館区の約半数、9,000戸近くを焼失した。この大火で区民の集会所であった町会所も失ったため「公会堂建設協議会」が組織され、建築資金として区民の浄財を募ったが、大火後のため思うように集まらなかった。
当時、函館の豪商といわれた相馬哲平氏は自分の店舗など多くを消失したにもかかわらず5万円の大金を寄付したためこれをもとに明治43年(1910年)現在の公会堂が完成した。
この建物は北海道の代表的な明治洋風建築物で左右対象形になっており、2階にはベランダを配しているほか屋根窓を置き、玄関、左右入り口のポーチの円柱に柱頭飾りがあるなど特徴的な様式を表している。
昭和49年5月国の重要文化財に指定され、昭和57年約3年を費やして修復された。 函館市
 
OLD PUBLIC HALL OF THE HAKODATE WARD
In August 1907 a big fire burnt down nearly 9, 000 houses, almost gathered together was lost. Mr. Teppei Soma, a wealthy merchant at that time contributed ¥50,000- (a terribly great value of money) though he had also lost his own shops in that fire. Thanks to him, the present public hall was completed in 1910. This hall is of the typical western style architecture of the Meiji era. It is constructed symmetrically. It shows unique architectural style on the verandah upstairs, the skylights and the carvings on the pillars of the entrance and porches. In May 1974, It was designated as an important cultural property and the building was entirely restored in 1982 after three years of work.