亀井勝一郎文学碑

あさり坂を登った一角。公園内に亀井勝一郎文学碑がある。

「人生 邂逅し 開眼し 瞑目す  亀井勝一郎」と刻まれている。

亀井勝一郎文学碑

2008年9月15日撮影。

亀井勝一郎文学碑

2008年9月15日撮影。

函館市設置の観光標識の内容は次のとおり。

亀井勝一郎文学碑
亀井勝一郎は、思想家、文芸評論家として著名であり、古代日本の美と心を現代的に再発見し、さらにそれを祖述発展せしめた業績は大きく、昭和12年の「人間教育」、昭和18年の「大和古寺風物誌」等は、不朽の名著として、ながく人々の心を豊かにし、そして導いて行くであろう。
晩年の大作「日本精神史研究」は亀井文学の集大成として高く評価されたが、不幸にも逝去のため未完に終わったのは残念である。
亀井勝一郎は若い時、急進的な思想に走ったためか、生来のはにかみやのためか、函館にはあまり帰らなかったが、終生函館弁を使い、いかなる美食よりも故郷函館の食物を好んだという身近な事実をみても、その思想の根底には、函館の風土と人心が掛け替えのない土壌となっていたことは、疑いのない事実であろう。
亀井勝一郎は明治40年(1907年)2月6日函館元町に喜一郎の長男として生まれた。父は当時、函館貯蓄銀行支配人であった。弥生小学校、函館中学校、山形高等学校、東京帝国大学文学部に学び、評論家、思想家として活躍、昭和40年11月日本芸術院会員となり、翌41年11月14日病により永眠した。
この碑は昭和44年10月14日、心ある人々によって建てられたもので、勝一郎真筆による寸言「人生邂逅し開眼し瞑目す」が刻まれている。なお、元町には、武者小路実篤筆による「生誕の地碑」がある。
函館市
 
Literary Monument to Katsuichiro Kamei
Katsuichiro Kamei was a noted literary critic and thinker, who rediscovered the beauty and soul of ancient Japan. “Human Education” written in 1937, “Natural Features and Old Temples in Yamato” in 1943 and other publications will enrich our minds and take their place among the works of great literature.
A major achievement of his later years “A study of the History of the Japanese Ethic” is highly appreciated but sadly he died before its completion. He rarely returned to his native Hakodate, either because of devoting himself to radical ideas while young, or because he was shy. But all through his life he spoke with a Hakodate accent and he loved Hakodate food above all other foods. These simple facts show that his thoughts were all based in the cultural and spiritual climate of Hakodate. He was born in Motomachi in Hakodate in 1907. After studying at the department of literature in the Tokyo Teikoku University, he played an active part as a literary critic and a thinker.
In 1965, he became a member of the Japanese Academy of Art. He died after an illness in 1966. On October 14, 1969 this monument was built by his friends and other associates. On it they inscribed a phrase written by Katsuichiro himself.
There is also a monument to his birth written by Saneatsu Mushanokoji.
The city of Hakodate