国道5号線沿いの松並木

日本の道百選に選ばれた国道5号線沿いの松並木。

明治9年の明治天皇巡幸を記念し植樹されたことに始まる。

松並木

2007年3月3日撮影。七飯町松並木を守る会設置の説明板の内容は以下のとおり。

松並木の歴史

明治9年、明治天皇巡幸を記念して同年から翌年にかけ、開拓使が植樹したものである。

<現況>アカマツが主体で(1部クロマツ)最近補植したものを含め、約1480本が残っている。

保護地区指定、昭和47年3月31日

七飯町松並木環境緑地に指定さる。

七飯町松並木を守る会

道百選の碑

2007年3月3日撮影。日本の道百選の碑。

松並木

2007年3月3日撮影。

北海道指定の環境緑地保護地区説明板の内容は以下のとおり。

松並木環境緑地保護地区

この松並木は、七飯町峠下から函館市桔梗までの国道5号線沿い約17kmにわたる、全国的にも貴重なアカマツ並木です。

樹令120年余、高さ20mの見事な緑のトンネルは、アカマツのほかクロマツ、スギ、ケヤキ、イチョウなど約1,400本の樹々から成り、地域住民の日常生活に潤いを与え、訪れる旅行者に本道開拓の歴史を物語っています。

昭和47年3月25日指定

北海道