東蝦夷地南部藩砂原陣屋跡

2007年訪問の森町砂原の南部藩砂原陣屋跡。

今も土塁の跡が残されている。

南部藩陣屋跡

2007年3月3日撮影。

南部藩陣屋跡

2007年3月3日撮影。

南部藩陣屋跡

2007年3月3日撮影。

敷地内には説明板が設置されている。2007年当時2種類の説明板があり、内容はほぼ同一。

記載されていた内容は以下のとおり。

東蝦夷地南部藩砂原陣屋跡<国指定史跡>

昭和49年8月22日指定

所在地 四軒町

設置年月日 安政三年

幕府は安政2年4月(1855)仙台、秋田、南部、津軽、及松前の5藩に、蝦夷地警衛の分担を命じた。

南部藩は箱館表出崎の警衛を主として、恵山岬から東蝦夷地幌別まで、一帯の海岸を持場として、箱館谷地頭の北方に元陣屋をおき、砂原分屯所(南部陣屋)は、安政3年には、四軒町にあり、兵隊約50名、砂原は市中と神社脇や駒ヶ岳のふもとに、小屯(見張所)をおいた。

旧砂原町四軒町に、東西37間(66.6m)南北約33間(59.4m)の方形に、周囲の土塁の高さ、約1丈(3m)である。

蝦夷地南部藩砂原陣屋跡(国指定史跡)

Sawara-territory of Nanbu-domain in East Ezo ( Hokkaido ) ( National Historic sight )

この陣屋跡は、幕府の命により、南部藩が北辺警備のために、安政3年(1856年)10月より翌1月にかけて築造したといわれている、南部藩室蘭陣屋の砂原分屯所です。

明治元年(1868年)砂原陣屋(分屯所)内の家屋等を壊して引揚げるまで、常に約30名の藩兵が駐屯していたといわれています。

広さは、東西約37間(66.6m)、南北約33間(59.4m)の方形に、周囲の土塁の高さ、約1丈(3m)と記録されています。

Years ago , there was a fort in the Sawara-territory built by the Nanbu-domain under order of the Shogonate. The construction lasted from October 1856 through January 1857. Upon completion , it spanned 66.6 m from East to West , 59.4 m from North to South and 3 m in height. The Sawara-territory fort served as a branch to a fort already existing in Muroran city. Thirty people from the Nanbu-domain stayed at the Sawara-territory fort until 1868 when all buildings were ordered destroyed.

森町