一本木稲荷神社

北斗市一本木の稲荷神社。

由緒を記した説明板の内容は以下のとおり。

一本木稲荷神社

一本木稲荷神社は、「蝦夷実地検考録」によれば、八郎大明神稲荷神社が合祀されている。

八郎大明神の祭神大巳貴命(おうなむちのみこと)は、おおくにぬしのみことの別名であり、国土経営の神様である。少彦名命(すくなひこなのみこと)は、国土経営の任にあたり医療まじないの法をはじめた神ということになっている。稲荷社の祭神保食命と倉稲魂命についてはどちらも穀物をつかさどる神で、開拓を進める一本木村にふさわしい神々である。一本木の神社は、稲荷神社だけでなく、八郎大明神というものもあったので、検考録には2つ並べて書かれてある。2つということはもともと2つのおやしろが別々にあったのか、1つのおやしろに八郎大明神と稲荷社があったか、いずれにしても寛政中勧請とあることからみて、はじめから社を2つわけて建てたとは思われず、1つの社に合祀したものと考えられる。

また、平成6年8月に以前の鳥居か老朽化したうえ、神社前の道々大野上磯線の改良工事に鳥居の一部がかかったため、氏子らの寄付で建てられた。

平成7年12月

大野町教育委員会

一本木稲荷神社

2007年3月11日撮影。

一本木稲荷神社

2007年3月11日撮影。

手前には地域に貢献した下山家を称える一本木町内会設置の説明板も設置されていた。

内容は以下のとおり。

地域に根ざした人々と下山家

ここ一本木という地名の起こりは、一本のアカダモの大木から名付けられたものである。

一本気はかつて、松前藩時代から蝦夷地の陸路の交通の要所として栄えて来た地域でもあった。また、政治・経済・文化にも大きく関わってきたその街道が、かつて往年に当地の村の形成に大きく関わった有志下山貞吉外19人衆が力を合わせ今日の開墾及び開拓の礎となった。

下山家の初代孫四郎は文久年間青森県大巻村から一本木へ移住し、一本木の村用係をしていた。村用係は開拓時代の村々の重責を担っている地位であり、孫四郎は当村には重要な中心的人物だった。下山家は彼を初め代々地域の発展のために村の村会議員等要職を歴任し、活躍した家柄でもあった。

また、一本木地域は古くから米作りが盛んな所でもあり、早くから久根別川あるいは大沼の導水をいち早く着手した地域でもあった。

平成時代に入りこの道も交通量が著しく多くなり、古い道幅を拡張せざるを得なくなった。そこで下山家には道々756号大野上磯線の拡張工事を行った際、事業の推進に多大なる貢献をしていただき今日の道路の完成をみた。

また、地域町内会の人々はもちろんのこと各関係機関のご協力とご指導ご支援のもとに完成した。ここに多くの方々に深く感謝して、この偉業を永く後世に伝えていきたいと思います。

平成12年2月吉日

大野町一本木町内会