千代田の忠魂碑と庚申塚

北斗市千代田。地名の由来と忠魂碑、庚申塚。

千代田の忠魂碑と庚申塚

2007年3月11日撮影。忠魂碑。

千代田の忠魂碑と庚申塚

2007年3月11日撮影。庚申塚。

千代田の忠魂碑と庚申塚

2007年3月11日撮影。説明板の内容は以下のとおり。

千代田

千代田の開村は「大野村史」や「蝦夷実地検考録」にある千代田稲荷神社勧請の記録から、寛政年間(1789〜1800)と推定され、藤田家の記事にも「先祖藤田八五郎は、陸奥国軽米郡軽米村に生る。寛政元年本道へ渡り、本村に居住をぼくす」とある。

文化2年(1805)、大野平野一帯で幕府直轄による大開田が行われると、千代田でも文化元年に渡来した島津才兵衛が、同3年に南部八戸より農家12戸を募集して開墾している。また、文化2年には松前の富商・伊達林右衛門も同地で新田を耕し「伊達村ト唱フ后之ヲ千代田村ト改称ス」と「伊達家文書」にあるが、正確な場所はわかっていない。

千代田の言い伝えに鶴の飛来が多かったので、鶴田と称したとあるが、「蝦夷実地検考録」の記述から、江戸の千代田村にあやかって後の繁栄を願い、千代田と称するようになったと推定できる。寛政12年(1800)に幕府が米の試作を行った際に千代田という地名を使用しており、同年、蝦夷地を実測した伊能忠敬の地図にも千代田と記されている。

はじめ千代田郷と呼ばれ、明治6年(1873)に千代田村となった。同13年、大野ほか5か村の戸長役場が大野村に設置され、同33年に大野村に統一。全道から大野村ほか15か町村が1級町村に選ばれ、千代田村は「大野村大字千代田」となる。道道大野上磯線の旧道を堺に、西側を西川原、東側を東前谷地と呼び、ほかにも西川原通、川向ドドメキ、東前谷地通の5つの字があったが、昭和7年(1932)の字改正で千代田、東前の2字となった。昭和32年に大野は町制を施行し、平成18年(2006)2月1日、上磯町との合併によって北斗市となる。

平成17年5月末現在 千代田町内会

世帯数 120世帯  男 175人  女 221人  合計 396人

千代田の忠魂碑と庚申塚

千代田と一本木の堺にあたるこの地に「忠魂碑」「庚申塔」と刻まれた2つの石碑がある。

忠魂碑には「明治44年(1911)3月10日建立 日露戦役戦死者 奉天旅順戦没 陸軍特務曹長 勲七等功七級 藤田弥三郎 建立 千代田在郷軍人」と刻まれている。

明治27年(1894)の日清戦争の戦死者は1万7千人を数え、同37〜38年の日露戦争でも日本は旅順攻撃、奉天会戦、日本海海戦などで勝利を収めたが、戦死者は11万8千人に上り、特に奉天、旅順での戦いは熾烈を極めた。

日露戦争後、時の西園寺内閣は、全国民の意識鼓舞と団結融和、戦死者の鎮魂を目的に、全国市町村に忠魂碑の建立を指示、千代田の忠魂碑もその時に建てられたものである。建立以来、8月25日の千代田稲荷神社祭典で、神事の前に碑前で祈年祭が行われている。

庚申塚は本郷、市渡、文月、千代田にあり、本郷が寛政8年(1796)建立で一番古く、2番目は文月の文化9年(1812)、千代田は嘉永3年(1850)である。

庚申は干支の60日または60年ごとに巡ってくる「庚申」のことで、信仰は中国の道教に始まったといわれる。人間には3つの悪い癖があり、これを3匹の虫にたとえ、この癖を改めさせるため「更新」とかけて庚申の日を謹慎日とした。三虫は体の中に住み、庚申の夜、寝ている間に抜け出して天帝(帝釈天)に罪を告げ、命を短くされるので、庚申の夜は虫が出ないように眠らずに慎んだという。奈良時代に日本に伝わり、室町以降、通行の安全や五穀豊穣、悪病退散など、ご利益や庶民の願いに変わると、江戸時代には村はずれや辻に塔を建てることが盛んになった。神道では申と猿を結びつけて猿田彦をまつる。

この場所は奥地(道央)へ往来する役人や探検家も通過した道で、道中の安全と村に災いが入らないことを祈願したものと考えられる。碑面には「庚申塔 嘉永三年八月、名主 島津才兵衛、大和屋○○、吉田弥四郎、藤田八五郎、安藤重吉、金濱丹治」とあり、名主以下の三役と千代田の重立人の名が彫られている。町人、百姓に苗字が許されなかった時代に、はっきりと姓名をつけているというのも見事な心意気といえる。

基礎は昭和30年(1955)に修理されたが、碑石は嘉永3年のままで、平成16年(2004)8月千代田の人たちは忠魂碑の基礎改修にあわせて、庚申塚の基礎も補修した。