千代田稲荷神社と藤田翁頌徳碑

北斗市千代田の千代田稲荷神社。境内には農業で功績のあった藤田翁を称える碑がある。

千代田稲荷神社

2007年3月11日撮影。

千代田稲荷神社

2007年3月11日撮影。旧大野町設置の説明板の内容は以下のとおり。

千代田稲荷神社と藤田翁頌徳碑

千代田稲荷神社は、寛政6年(1793年)に勧請されたもので祭神は、倉稲魂命である。明治9年に村社となる。杉の木立が主となって鎮守の森を造っており、祭神は毎月8月25日に行われている。境内に藤田市五郎翁の碑がある。翁は慶応元年(1865年)千代田西川原で生まれ、幼少時、米沢藩の漢学者松本新平の門下生として学問を志した。温厚な人柄で多きの公職につき、住民の信望も厚く、開拓精神に富み、農業発展の基礎づくりに励んだとされております。20歳の時、札幌農業学校長佐藤昌介博士の紹介で東大農学部に西洋野菜栽培勉強のため上京した。明治44年(1911年)ケチャップの製法に取り組み大正11年(1922年)には、南鷹次郎、星野勇三博士の学説を取り入れて温室をつくりトマト、ニンジン、サンショウを栽培した。昭和6年には、ピューレー(ケチャップの原料)の製造に成功し、年間25,000本(ビールびん相当)を生産し、函館五島軒ホテルと契約して納入した。石碑の碑文は南鷹次郎(北農会長・北大学長)で、筆は、北海道長官沢田牛麿によるものである。

平成2年6月

大野町教育委員会

平成18年2月1日より北斗市教育委員会

藤田翁頌徳碑

2007年3月11日撮影。千代田稲荷神社境内にある藤田翁頌徳碑。旧大野町教育委員会設置の説明板の内容は以下のとおり。

藤田翁頌徳碑

北海道庁長官従四位勲三等

澤田牛麿書

藤田市五郎頌徳碑

藤田市五郎翁慶応元年生於亀田郡大野村字千代田村為人温厚篤實志操堅固及長就村内公職熱心精励盡其任夙憂村勢萎靡住民困苦明治二十八九年排百難鑿溝渠開水田漸次進其功墾闢達二百町歩荒野一変化美田者一依翁之力矣又勧奨蔬菜果樹之栽培高其聲價設置放牧場促馬匹蕃殖其他指導村民改良農事矯正風紀等不遑挙焉以其功績顕著受旌賞及前後十回蓋異数矣翁之當時也不厭労不吝費以百折不撓之精力一意盡奉公之誠而克重言責一諾期必成以是村民信頼益篤徳望愈高翁年歯雖超耳順壮気不衰而村民之待於翁者亦多矣有志茲相謀建碑伝功績於後昆使郷人知所矜式焉

昭和四年

北海道農会長正三位勲二等農学博士

南鷹次郎撰并書

平成13年9月吉日

大野町教育委員会

平成18年2月1日より北斗市教育委員会