北斗市文月の小高神社と道祖神

北斗市文月の農地にたたずむ小高神社と道祖神。

小高神社と道祖神

2007年5月3日撮影。

小高神社と道祖神

2007年5月3日撮影。北斗市教育委員会設置の説明板の内容は以下のとおり。

小高神社と道祖神

戦後、樺太引揚者の人々は、かつて文月の「舟上(ふなあげ)」と称した開拓地に入植したが、苦労の末に手に入れた馬が相次いで熊の被害に遭った。

そのため昔から馬の産地として知られていた福島県相馬地方の小高神社にあやかって、昭和25年(1950)、馬を守ってもらおうと建てたのが文月の小高神社であり、馬頭観音が祭神となっている。

昭和44年、この付近から掘り起こされた三柱の道祖神が境内に安置された。表面には模様とも文字ともつかないものが刻まれ、何を意味するのかは不明である。かつては祠の中にまつられていたが、風雪のため姿を消し、山上から運ばれてきた土砂に埋没したと伝えられる。

道祖神は旅の安全祈願の神で、村境や峠の上に建て悪霊をさえぎるものとされた。後に男女交歓の場ともなったことから、縁結びの神、子授けの神として崇拝されている。

この辺りは松前藩の鷹場だった姉弟山へ通ずる所で、松前藩主も鷹狩りによく通った道であったため、この地に道祖神がまつられたとも考えられている。

平成18年3月吉日

北斗市教育委員会