ペリー会見所跡

姿見坂を電車通りを越えて下るとペリー会見所跡の標柱がある。

ペリー会見所跡

2008年2月10日撮影。函館市設置の観光標識の内容は次のとおり。

ペリー会見所跡

安政元(1854)年3月、アメリカ海軍提督M.C.ペリーは、幕府との間に日米和親条約を締結し、その直後、5隻の艦船を引きつれて箱館に入港した。ペリーは、この地にあった有力商人山田屋寿兵衛宅で、松前藩家老松前勘解由らと会見し、市中の調査や、港内測量などを行って箱館を去った。

この図は、ペリー著「日本遠征記」の挿し絵のなかの一つで、会見の模様を描いたものである。

函館市

THE PLACE WHERE COMMODORE PERRY INTERVIEWED

In March 1854 Commodore Matthew C. Perry of the U.S. Navy concluded a peace and amity treaty with the Shogunate. Soon after this he visited Hakodate with his squadron of five ships. In Hakodate, Perry met with Matsumae Kageyu, the cheif retainer of the Matsumae clan and other officials at the house of Yamadaya Juhei, an influential merchant.

After looking around the city and surveying the harbor, they left Hakodate.

This illustration found in Perry’s “Expedition to Japan ( Nippon Enseiki ) ” shows what the meeting was like.

CITY OF HAKODATE