おいてけ堀

錦糸町駅前から少し入った公園の入り口。河童の像が設置されている。

釣り人の釣った魚を「おいてけ」と河童と思しき声で言われたという怪談があり、それより「おいてけ堀」と呼ばれるようになったとのこと。

おいてけ堀

2011年5月21日撮影。由来の書かれた説明板の内容は次のとおり。

おいてけ堀「河童」の由来

(本所七不思議の一つ)

その昔、本所周辺には淋しい堀が沢山ありました。

そこでは、たくさんの魚が釣れました。ある日の夕方釣人が、魚を釣って帰ろうとすると、身体中が、ゾクゾクと、寒けがしました。

すると、堀の中から「おいてけ〃」「おいてけ〃」の声がしたので、釣人は、びっくり仰天

魚を置いて、一目散に、逃げ出しました。

何人もが、このような経験をしたために、何時とは無く、この堀を、おいてけ堀(錦糸堀)と、呼ぶようになりました。

この声の主こそ(河童)と、伝えられています。

平成7年10月7日建立

江東橋4丁目町会

おいてけ堀「かっぱ祭」実行委員会

コメント

  1. はじめまして。
    私のブログへのトラックバック、お受けしました。
    あのあたりが、江戸時代には堀だったことが信じられませんが、おもしろいですね。

  2. kiichi.murata より:

    >やまおじさん 様
    コメントありがとうございます!
    この周辺に淋しい堀がたくさんあったとのこですが、現状からは想像もつきません。しかも「淋しい堀」ですし。