天海僧正毛髪塔

上野公園内にある天台宗の僧天海を祀った供養塔。

天海僧正毛髪塔

2011年5月14日撮影。

天海僧正毛髪塔

2011年5月14日撮影。

天海僧正毛髪塔

2011年5月14日撮影。左側の石塀が倒れておりトラロープが張られていた。地震によるものだろうか。

台東区教育委員会設置の説明板の内容は次のとおり。

天海僧正毛髪塔(都指定旧跡)

台東区上野公園1番

天海僧正は、江戸初期の天台宗の高僧で諡号を慈眼大師という。

天文5年(1536)に奥州会津郡高田郷(福島県)で生まれた。11歳で出家、14歳で比叡山に登り実全に師事して天台教観を学び、さらに三井寺や奈良で諸教学を学んだといわれる。のちに江戸崎不動院(茨城県江戸崎町)、川越喜多院(埼玉県川越市)などに住し、徳川家康の知遇を受けた。元和2年(1616)家康が没すると、その神格化にあたり権現号の勅許を計り、合わせて日光廟の基本的構想をたて造営を指導した。その後も将軍秀忠・家光の帰依を受け、江戸城鎮護のため上野忍岡に寺院の建立を進言し、寛永2年(1625)に寛永寺を創建した。

寛永20年(1643)に子院の本覚院にて108歳で示寂。遺命により日光山に葬られ、この地(旧本覚院跡)には供養塔が建てられた。後に本覚院伝来の毛髪を納めた塔も建てられ、毛髪塔と呼ばれるようになった。

平成15年3月

台東区教育委員会

Hair Pagoda For Priest Tenkai (Metropolitan Historical Site)

Tenkai (1536-1643) was a high priest of the Tendai Sect at the beginning of the Edo Period. He was also known as Jigen Daisi. He took orders at age 11. At 14 he climbed Mt. Hiei and began formal training in the precepts of Tendai Buddhism. With the founding of the  Tokugawa bakufu government at Edo (Currently Tokyo) , Tenkai received the favor of Tokugawa Ieyasu. Upon the death of Ieyasu, he was permitted to take a saintly name in order to deify the Tokugawa founding shogun. At roughly the same time the basic designs of the shrine at Nikko were being laid out and Tenkai served as an advisor in its construction. Following this, he also benefited from the attention of both Shoguns Hidetada and Iemitsu and was installed at the newly built Kaneiji Temple in 1625 for the spiritual protection of Edo Castle.

In 1643, at the age of 108 he passed away at Hongakuin Temple, a branch temple of Kaneiji, and as ordered, was buried on Mt. Nikko. A pagoda to commemorate him was built at this site, and later, priest of Hongakuin built a second pagoda in order to house a lock of his hair. Thus this pagoda has come to be called the Hair Pagoda.