秋色桜

上野公園内にある桜。固有名詞が付けられている点が珍しい。

説明板に記された名称の由来はとても興味深い。菓子屋の娘のサクセスストーリー。

秋色桜

2011年5月14日撮影。すでに桜の時期が過ぎていたため、歌碑のみ撮影。

台東区設置の説明板の内容は以下のとおり。

秋色桜(しゅうしきざくら)

台東区上野公園1番

上野は、江戸のはじめから桜の名所として知られていた。数多くの桜樹の中には、固有の名を付せられた樹も何本かあり、その代表的なものが、この「秋色桜」である。

井戸ばたの

桜あぶなし

酒の酔

この句は元禄の頃、日本橋小網町の菓子屋の娘お秋が、花見客で賑わう井戸端の様子を詠んだものである。桜の枝に結ばれたこの句は、輪王寺宮に賞せられ、一躍江戸中の大評判となった。お秋は当時13歳だったと伝えられている。俳号を菊后亭秋色と号した。以来この桜は、「秋色桜」と呼ばれている。ただし、当時の井戸は摺鉢山の所ともいい正確な位置については定かでない。

お秋は、9歳で宝井其角の門に入り、其角没後はその点印を預かる程の才媛であった。享保10年(1725)没と伝えられる。

碑は、昭和15年10月、聴鴬荘主人により建てられた。現在の桜は、昭和53年に植え接いだもので、およそ9代目にあたると想像される。

平成8年7月

台東区教育委員会

SHUSHIKI CHERRY TREE

Ueno was very famous as a place of cherry blossom from the beginning of the Edo era. There were many species of cherry trees and some trees had even their own names; a typical one of them is the Shushiki Cherry Tree.

In the Genroku period, a daughter named Oaki of a sweet shop in Koamicho, Nihonbashi wrote a Haiku poem, “Cherry blossom near a well are in danger by drunken fellows.” This expresses a scene of crowded cherry blossom viewers near a well. She was only 13 years old at that time, but had a pen name of Shushiki. Therefore, this cherry tree near the well was called “The Shu-shiki Cherry Tree.”